Wiesel1MK
 (AFV club AF35S-03)
BACK to LIST
AFVクラブのヴィーゼルはキットを購入した当時から足回りが現行タイプと異なるのが気になってずっと温めていたのですが本家から改良モデル発売がアナウンスされたので古いキットの在庫処分としてストレートに製作してしまうことにしました。

AFVクラブはストライカーシリーズの素晴らしさに惚れ込んでしまい最も好きなメーカーなんですがなかなか他のキットを作る機会がありませんでした。 ストライカーのバリエーションや他社OEMのAAVC7を除くと2種目ということになります。 かなりの古参キットですがモールドのキレは今も見劣りなく、ぱっと見は全く古さを感じません。 ただ実際に組んでみるとえげつないゲートがあったりパーツ同士の合いがいまいちだったりと組み立てには少々気を使いました。 特に大変だったのが履帯で長さが短く相当にタイトな上、接着剤が効かない素材なのでそのままだとテンションだけで接合部が剥がれてしまいます。 ここは接合部で一コマ分ずらして延長し、見えないように糸で縛って分離対策としています。 手作りのブロックを足したりしたのでよく見ると違和感がありますがなんとか装着出来る状態になりました。

塗装も思い切って今までやったことのない国連軍仕様の白単色塗装にしてみました。 真っ白の車体色にスミ入れやウェザリングをどんな調子でやればいいか不安もありましたが汚くなりすぎず自然な雰囲気に仕上がったと思います。 ただデカールはかなり硬くまるでシールの様で凹凸のある正面のUNロゴの定着にはちょっと苦労しました。

最初にキットの箱を開けたときもびっくりしましたがホントにコンパクトな車両ですね。 レオパルド2なんかと並べるとおもちゃみたいです。 レオパルドも模型だからどっちもおもちゃか。

(製作 2015年)
Wiesel1MK-1

Wiesel1MK-2

Wiesel1MK-3

Wiesel1MK-4

Wiesel1MK-5

Wiesel1MK-6

Wiesel1MK-7

Wiesel1MK-8

Wiesel1MK-8

BACK to LIST