99式自走155mm榴弾砲
 (PIT-ROAD G-25)
BACK to LIST
在庫を少し減らすことが出来たので久しぶりに新しいキットを買ってきました。不足している砲兵戦力を補充すべく 99式自走榴弾砲をチョイスしました。

ピットロードのキットですが中身はトランペッターなのでいつものように作業を進めます。とにかくトランペッター のキットは平気で嘘・間違いがあるのでキットは信用しないのが鉄則です。99式は富士で撮影した写真が手元にたく さんあるのでこれを見ながら何箇所か修正をしています。まず、車体正面のフックの配置が違うので移動、左側には 統制型の前照灯はないので切除、運転席ハッチの固定チェーンを追加。テールライトはクリアパーツを適用すると向 が違うので車体色のパーツにしています。砲塔では砲の根元上側のディテールが省略されているのでこれを再現、乗 員用ハッチのチェーンを追加、M2はタスカ製に交換しています。ちなみに車長ハッチはM2のマウントごと旋回式に なっていますが照準器にかぶるのを避けるためかほとんどの場合左に45°程度振っておくようで調度その位置でハッチ の固定が出来るようアイフックが設置されています。また、照準器も右後方を向いている場合が多いのでそうしてあり ます。余分なライトの切除と車長キューポラ・照準器の向きは構造的にもすぐに気がつきそうなポイントですが雑誌 などの作成でも全くケアされていなくて残念ですね。自国車両なんだからこれぐらいはと思います。

今回は第2師団所属車として2012年のヤキマでの演習前訓練時の個体としていますが迷彩パターンまでは確認出来な かったので迷彩は取材した富士の個体ものを適用したミックスです。泥でぬかるんだ状態で派手に汚れているのですが こうしたウェットな感じのウェザリングはあまりやる機会がないのでちょっと挑戦してみたくて第2師団を選んでみまし た。今回のキットは固定式のキャタピラですが泥を詰めるとキャタピラの目が詰まってリンク連結部分がつながってし まってのが反省点です。ウェザリング後に継ぎ目部を彫りなおしていますが完全には復活できず、ゴム履帯みたいに なってしまいました。

それにしても長口径砲のデカさは半端ないですね。あまりにも突出するので収納に困ります。これ以上技術が進展して てさらに長くならないことを祈ります。

(製作 2013年)
Type99-1

Type99-2

Type99-3

Type99-4

Type99-5

Type99-6>

BACK to LIST