Buffalo
 (BroncoModels No.CB-35100)
BACK to LIST
以前も書きましたがトラックとかクレーンとかメカメカしい支援車両は大好物なんですがこのBuffaloはそうした要素が てんこもりでまさにツボ。ブロンコからキット化のアナウンスがされた時にはリリースされたらすぐに製作すると決めて いました。作りかけの車両を完成させたりしていたので若干遅れましたがその分しっかりディテールアップをして完成度 の高い仕上がりを目指しました。

まず内装ですがここは残念ながら米軍使用とずいぶん異なります。本格的に手を入れるには無線やブルーフォースなど細 かな機材を確保しなければならないんですが、このあたりの現用機器はWWUもののようにアフター品が充実していないの で今回はあきらめました。実際外からはほとんど見えなくなるのは過去作で経験しているので仕上がりにそう影響しない と判断してあえて手は入れませんでした。次に足回りですがMRAPは車体底面がV時型で特に足回りが露出がちな構造となる ため細かくディテェールを追加しています。ブレーキ回りなどは結構省略されたパーツも多いのでスクラッチパーツなど も織り交ぜて再現しています。特に配管・配線類は種類に応じて複数のマテリアルと使い分けて拘って製作しました。最 も手を加えたのが作業用アームで動作用の油圧ラインをシリンダーまで一本ずつ配管しています。また、キット付属の 軟質チューブなどを駆使して可動状態にしており展開状態も再現出来るようにしてみました。さすがに強度がないので 破損の覚悟が必要ですが一応目的は果たしました。結構ネットでも多くの気合の入った作品を見かけますがアームの部分 にここまで手を加えているものは少ないのではないかと思います。

塗装については定番のサンドカラーですが、実車が爆発物処理に従事するということで至近距離でブラストを食らったり するせいか結構ドロドロのものが多くみられたので遠慮なくウェザリングを行っています。特に構造状足回りのウェザリング がやりやすいのみMRAPの利点ですかね。タイヤもプラパーツですが形状はしっかりしているので丁寧に塗装してゴムっぽさ が伝わるように仕上げました。

映画のトランスフォーマーシリーズが好きなので海兵隊仕様の「ボーンクラッシャー」号を選定したのですが製作の終盤 になって実車(映画の方ではなく、実戦配備されている方)の写真を見つけ結構細かな点に仕様上の相違点があり、最後まで どこまで再現するか悩みましたが詳細が分からなかった部分はあきらめています。ルーフに大きなボックスが増設されて いるのですがここが再現出来なかったのが残念ですね。ただ、さすがにリベンジはないでしょうね。

(製作 2012年)
Buffalo-1

Buffalo-2

Buffalo-3

Buffalo-4

Buffalo-5

Buffalo-6

Buffalo-7

Buffalo-8

BACK to LIST