96式装輪装甲車A型
 (MonoChrome No.MCT-901)
BACK to LIST
久々に自衛隊の基地祭にお邪魔してきたので、展示されていた96式装甲車を製作してみました。元々他国のAPCに比 べてデザイン的にあまり好きではなかった本車ですが実車を見てきたせっかくの機会なので。

基本観たまんまを製作しようとも思ったのですがそうなると武装やOVMまで取っ払った状態となってしまい余りにも寂 しいので備品関係はフル装備としました。キットは試作車をモデルにしたと言われておりこの点を生産車仕様に正すべ く改造を行なっています。プロポーションに係る点としては車体正面の装甲板の角度を寝かせ鋭角にした事と車体が 前のめりの姿勢になる様各サスペンションの高さ調整を行なった事が挙げられます。その他には運手席フードの撤去 とハッチの閉鎖、補助ミラーの追加、巻き込み防止灯の追加、40mm自動てき弾銃のスリット開口、右側車外消化装置 の撤去、バールの追加、後部牽引具の形状修正など、細々と工作を行なっています。

塗装はタミヤアクリルの自衛隊車両専用色をベースに用いエアブラシ。自衛隊車両は固体によって迷彩の境界のボケ 具合が異なりますがモデルにした固体に倣いエアブラシによるフリーハンドで塗り分けています。迷彩のパターンも 「25-4112」号車に忠実に再現しましたが、暫く経つと塗り直しされて違うパターンになってました。ウェザリングは 富士の火山灰質の色調を意識し、撮ってきた写真と見比べながら少し暗めのピグメントで控えめに施しました。おまけ で割りばしから切り出した車両止めを実車と同じ場所にかませて完成としました。実際に見てきた車両をそのまま手元 にコレクション出来るのは現用車両ならではの醍醐味ですね。

(製作 2012年)
Type96-1

Type96-2

Type96-3

Type96-4

Type96-5

Type96-6

BACK to LIST