ShKH-77 DANA
 (HobbyBoss No.85501)
BACK to LIST
長々と続けている現用AFVコレクションですがやはり世界各国の様々な車両を一同に並べてみたいというのが 大きな目的のひとつです。未経験の国の車両も運用思想などが大きく異なり魅力的ですが未経験の兵科の車両 も構造が全く異なるので新鮮で面白いです。今回は野砲に初挑戦です。

製作はマイナー車両という事もあり大きな改造はしていませんが構造が複雑でどう組み立てて行くか普段考え ない事に神経を使いました。まず足回りは独特な構造で8輪設置させる為すり合わせをしながら様子を見て主要 パーツは一気に接着し生乾きの内にアライメントを取ります。デッキとフレームのパーツが大きく端部でキャビン や機関室とのズレが起こりやすいのでここも位置合わせをしながら固定してきます。また、キャビンやエンジン などの内装塗装も平行して施さなければなりません、ややこしい。改造ポイントとしては前後灯火類がなぜかムク だったのでくり抜いてレンズなどを透明パーツで再現しました。また、アウトリガーを実車の様に斜め方向に支持 する様角度の変更を行い、且つ可動式にしています。

塗装は独特の色調の迷彩について調色にかなり苦労しました。それでもまだ色のイメージは実車と差異が残って しまっているような気がします。実車は迷彩の境界線がくっきりしているものとそうでないものがある様ですが、 今回は他方向からの詳細写真が確認できたクッキリタイプとしています。境界部を筆塗りし面をエアブラシで塗り つぶす複合法で基本塗装を行っています。ウェザリングは地質にあった泥汚れの色調などの見極めが必要ですが 東欧っぽい色調(黒〜グレー系)のピグメントが手元に無くエナメル塗料と併用するなどここでも色々考えて手持ち 材料を工夫して仕上げました。最後にヘッドギアが似ているソ連戦車のフィギュアを迷彩変更のみのお手軽改造で 添えて完成です。

野砲としてはちょっとかっとんだ色物車両ですがやはり他の車両などと並べるとそれが良く分かります。とにかく いつもと勝手の違うことばかりで考える工程の多いキットでした。いずれM109の様なベーシックな自走砲などとも 並べてみたいですね。

(製作 2012年)
DANA-1

DANA-2

DANA-3

DANA-4

DANA-5

DANA-6

DANA-7

DANA-8

BACK to LIST