T-55A
 (TAMIYA MM-No.257)
 (+Modelkasten SK-59)
BACK to LIST
主要国の戦後現用車両はたいてい整備も行き届いておりあまり派手なダメージ表現などは出来ないことが多いの ですが。ボロボロに使い込まれた車両を作ってみたくて最多生産数を誇り世界中で長〜く使われているT-55を イラク軍仕様のつもりで製作しました。

フェンダー周りを中心にパーツを一部脱落した状態にしたり曲げたり傷を掘り込んだりしてヤレを演出していま す。一方でライトのコードや燃料タンクのパイピングを行い精密感を高める様にしました。キャタピラはモデル カステンの可動式のものに交換しています。やや強めにたるみを付けることでよりくたびれた感じが出せこの手 の旧式車両には便利なアフターパーツです。

塗装は一応実車写真を参考に2色迷彩としましたが調べていくとシリアやリビアも似たような迷彩だったりして これが本当にイラク軍のものか自身がなくなってきました。一方ウェザリングはチッピング、雨だれ、赤錆と 思いっきり汚しています。ウェザリングに関しては国籍など関係ないので中東近辺の様々な車両の写真から気に 入った傷や汚れをミックスして書き込んでいきました。キャタピラは可動キャタピラ初体験ということもあり エナメル溶剤によるソルベントクラッックでバラバラになってしまうという失敗もありましたが何とか修復させる 事が出来ました。

剥き出しの履帯は凶悪なイメージでこれはこれでなかなか強そうな仕上がりになりました。T-55は改造型などで 魅力的なものが多いのでまた汚し分が不足してきた際に挑戦してみたいと思います。

(製作 2006年)
T55-1

T55-2

T55-3

T55-4

T55-5

BACK to LIST