Leclerc serise2
 (TAMIYA MM-No.279)
 (+TAMIYA MM-No.280)
BACK to LIST
3.5世代という特別枠が設けられる様に従来の第3世代戦車とは一線を画すフランス軍の最新鋭戦車ルクレールをMy コレクションに加えるべく制作してみました。

工作では砲塔に省略されたディテールが多くあるので資料を参考にちまちまと追加工作しています。車体側では外部 燃料タンクを搭載しない状態にしたかったので受け側の配線やパッドなどを作り起こしています。フィギュアは付属 のものですが戦闘中の様な緊張した状態ではなく基地内を単に移動している様な少しリラックスしたポーズに変更し ました。

フランス軍の迷彩はNATO迷彩といっても色調に特徴がありグリーンが他国に比べさわやかで明るい色調です。当然指定 色のNATOグリーンではイメージ通りとならないので色々混色して実車の色調に近づく様調色しました。パターンも直線 的な塗り分けを再現する為雑誌の記事を参考に練り消しを使ったマスキングを行いながら塗装しています。半つやの クリアコートでしっとり目のテクスチャにして基本塗装としました。上記の通り平時を想定しているのでウェザリング は控え目にしていますがヨーロッパの地質なども考慮してピグメントの色調などはそれに合ったものを選定しています。 あえて汚さないシチュエーションを選んだのには訳があり、それが履帯の塗り分けです。ルクレールは履板がアルミ合金 で出来ているそうですが確かに実車の写真を見ると足元がアルミ独特の銀色に輝いており最新マテリアルっぽい感じが 新世代戦車を象徴している様に感じます。よく観察するとコネクタなどは鉄の様で部品により錆の有無が分かれています しゴムパットもあるので手間は掛かりましたがそれぞれを丁寧に塗り分けました。いつもの様なハードなウェザリングを 行うとせっかくのチャームポイントが分からなくなってしまうのでこの様な設定としました。

3.5世代戦車の特徴C4I機能を模型で再現する事は難しいので最新テクノロジーのイメージをどう目に見えるカタチにす るか自分なりに表現してみたのですが本作から「新しい」感じを読み取って頂けるでしょうか?

(製作 2006年)
Leclerc-1

Leclerc-2

Leclerc-3

Leclerc-4

Leclerc-5

Leclerc-6

BACK to LIST
BACK to LIST