更新日2017年5月8日

動物愛護センター
トップページ>NEWニュース
イラスト骨 NEWニュース
過去のニュース




    「わくわくワンDAY♪」 開催しました!

 平成29年4月29日(土)、子供たちを対象にセンターのボランティア登録犬とふれあい、お散歩、簡単な動物○×クイズなどに参加していただくイベントを開催しました。18組62人という大勢の方々にお越しいただきました。

  初めに、岡山県動物愛護財団事務局長による開会のあいさつののち、参加者の方全員で動物○×クイズに挑戦していただきました。



 次に、W.コーギーの『エルちゃん』、ボーダーコリーの『そらくん』、シェットランドシープドッグの『ハッピーくん』が日常管理としつけに関するデモンストレーションとして、歯磨き・ブラッシング、犬が人の横について歩くなどの実演を行いました。



 その後、ふれあいなどでご協力いただくボランティア登録犬と飼い主の皆さんに出てきていただき、自己紹介と、それぞれのワンちゃんに一発芸を披露していただきました。



  最後に、2チームにわかれてワンちゃんとのふれあいとお散歩体験(待ち時間には動物に関するクイズ)を行い、約2時間のふれあいイベントを終了しました。

         

         

  風は少し強かったですが、そのおかげでこいのぼりも気持ちよさそうに泳ぐ中、皆さんとても楽しそうに参加されていました。


      「ご来場誠にありがとうございました」




 平成29年3月11日(土)

  『
犬のしつけ方フォローアップ教室』 ・ 『愛犬の里帰り交流会
          (午前)                 (午後)

                                      
開催しました

       ~
犬のしつけ方フォローアップ教室
  毎月行っているしつけ方教室実技に参加された方を対象に、その後のしつけに
  関する疑問や問題点の解決を目的とした『犬のしつけ方フォローアップ教室』を
  開催しました。
   当日は、強風で肌寒いものの、時折晴れ間ものぞく中での開催となり、
  22組36名24頭の方が参加されました。
   色分けされたゼッケンのチームごとに分かれ、最初は、基本的なスワレ、マテ
  などのコマンドの復習をし、お家でのしつけの成果を発揮されていました。
   その後、ハードルやおやつの誘惑など、さまざまな障害物を乗り越え
  ゴールを目指す障害物ゲームに、皆さん真剣な眼差しで取り組まれていました。


 

          
 
        『皆さん、お疲れ様でした』



      
 愛犬の里帰り交流会
  
平成28年12月までにセンターから譲渡を受けられた犬と飼い主さんたちを
  対象に、愛犬と一緒に参加できるゲームなどを行いました。
   譲渡犬38頭と飼い主67名が参加され、その後成長して幸せになった
  愛犬たちに再び出会えた、喜び溢れる時間となりました。
   まず、しつけ方等の質問コーナーとデモンストレーションのあと、
  最後にゲームで愛犬と一緒に楽しまれていました。
   『障害物リレー』では、ハードルを乗り越え、おもちゃやおやつの誘惑を抜けた先で
  くじを引いて、一発芸など、お題をこなしてからゴールにむかうゲームです。
  皆さん、慎重にひとつひとつ障害物をクリアしていました。
   『マット取りゲーム』では、椅子取りゲームの要領で、参加者と愛犬とで、
  音楽が流れている間は、マットのまわりを歩き、音楽が止まったら近くのマットに
  愛犬を誘導するというルールです。
   多くの皆さんは子供のころなどに一度は遊んだことのあるゲームのせいか、
  ルールの周知もすぐに終わり、なんとか愛犬と一緒に勝ち残ろうと白熱されていました。
   たくさんの笑い声や幸せそうな愛犬の姿の中、午前中に引き続き肌寒い一日
  ではありましたが、充実した時間となりました。

    
 
    
          
         
      
これからも皆さんの幸せを願っています




      第4回公開セミナーを開催しました!

 平成29年1月21日(土)、13時30分から愛護館研修室で公開セミナーを開催しました。
 昨年も開催した公開セミナー後、アンケートで要望の多かった高齢犬に関することをテーマに
~愛犬と充実した高齢期を過ごすために~と題して、仔犬から高齢犬までのグルーミングや食事などについて勉強されている、愛犬家でプロのグルーマーでもあり、また香川県動物愛護推進員を委嘱されている、港 一紫先生を講師にお招きして、質疑応答を含め、1時間半の講演をしていただきました。
 当日は高齢犬と暮らす飼い主さんを中心に、43組56人という大勢の方々が参加されました。
 講演では「高齢犬に対してだけではなく、子犬のころからでも飼い主さんができること」に重点を置き、食事の回数や、ドッグフードを与えるときの注意点、自分の愛犬が必要としているカロリーの計算方法や、またプロのグルーマーという視点での、おうちでできるお手入れ(飼い主さんができること、獣医さんなどにしてもらうほうが良いこと)について教えて頂きました。また、講演後は質疑応答の時間を多くとり、フードの与え方や普段与えている食材についての疑問、日常生活に必要な正しいお手入れの仕方など、参加者の方から出るさまざまな質問に答えていただきました。
 港先生、本当にありがとうございました。

       

       

       
  
         





イラスト


Copyright (C)2006 Okayama Animal Protection Foundation, All rights reserved.
当サイトに掲載されているイラスト及び写真、文章等の無断転載を禁じます。

(公財)岡山県動物愛護財団
〒709-2105
岡山市北区御津伊田2750
電話(086)724-3288
FAX(086)724-4203

メールアドレス
okadouaizai@mx9.tiki.ne.jp
※携帯電話からのメールに返信できない事例が相次いでおります。お手数ですが、お使いの携帯電話の設定が、パソコンからのメールを受信拒否する等になっていないことを十分ご確認の上、お問い合わせください。

開 館/月・水曜日~日曜日
    9:30~16:00
休館日/火曜日