SCUBA HOUSE K's LOGBOOK

2005年  1・2・3月 4・5月 6月 7月 8月 9月 10月 11・12月      

2006年  1・2・3月 4・5月 6月 7月 8月 9月   11月〜NEWログへ


2006年10月30日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25℃  透明度:15m
コメント 今日は風もやみ、穏やかな海に戻りました。昨日気になったものがいたので、今日はリサーチに行ってきました。
ちょっと、というか実はかなり深いのですが、今日のお目当てはヤツシハゼ属の1種-8(日本のハゼ参照)。昨日は時間がなくて、あまり見られなかったので、今日はじっくり見てきました。白い体に青と黄色といえば、浅場のクサハゼもそうなのですが(10/7ログ参照)、こちらはまた違った美しさ♪すっかり魅了されてしまいました(*^_^*)
が、とにかく深い!ので、ゲストにはなかなかご紹介できそうにないです。もう少し浅いところにいる個体を探したいと思いますので、しばらくお待ちくださいね。
私的には、安全停止中に見つけたハクテンミノウミウシ(初!)の美しさにも息をのみました。こちらは体長5mmと、別の意味でもう探せないかも・・(^^ゞ

yatushisp1.jpg (28727 バイト)
Photo by じぃじぃ(D200)


2006年10月29日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25℃  透明度:15〜20m
コメント 今日はお天気はよかったのですが、少々北西風が吹き、海面は荒れてきました。海の中は、浅場が少々うねったものの、問題なく潜れました。
久しぶりに深場に降りてみると、大小スジクロユリハゼだらけ・・。最近は2〜3cmサイズのアケボノハゼやハタタテハゼを見かけるのですが、スジクロユリハゼもこのサイズがいました。スズメダイ系の幼魚や、チョウチョウウオ系の幼魚もまだまだたくさんいます。
居るときにしっかり撮影しておくのが、本日のゲストのモットー!ということで、ベニハゼspゴールデンイールモレイを見に行くと、どちらも2個体いるということが判明しました。
今年2度目のアンナイボウミウシ、初登場のコールマンウミウシサラサウミウシの幼体はうっすらと背中に赤い模様が出始めたところ・・と今日は綺麗系のウミウシが充実していました(^^♪

koruman1.jpg (24357 バイト)
Photo by じぃじぃ(D200)


2006年10月28日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:24〜25℃  透明度:15〜20m
コメント 今日もうららかなダイビング日和となりました。透明度もよく、水温もまだまだ下がっていないので、快適ダイビングでした。
今日は、前々からリクエストをいただいていたベニハゼ属の1種-12を見に行きました。最初は出ていなかったのですが、しばらくするとでてきてくれて一安心!無事撮影することができました(*^^)v
シャイな
ゴールデンイールモレイも今日は顔を出していました。
他には、最近よく見かける
オランウータンクラブ、逃げ足の速いキンチャクガニ、ヒトデヤドリエビ、ヨゴレヘビギンポ、コケギンポ、ミノカエルウオ、オオメハゼ、ダルマハゼなどなど見ることができました。

goruden2.jpg (21061 バイト)
Photo by じぃじぃ(D200)


2006年10月22日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25℃  透明度:10〜15m
コメント 今日もぽかぽかと暖かく、よいダイビング日和でした。
いつものポイントでも、コース取りを少し変えると、新しい発見がありますね。最近のお気に入りは、浅場のサンゴチェック!先日見つけたダルマハゼは、ひとつのサンゴの中に大小3個体が生活しています。大きくてもあどけない表情が、とってもかわいいです(*^_^*)
他にも、オオアカホシサンゴガニ、アミメサンゴガニ、名前のわからないものなどなどエビカニ系もどっさり♪
今日は、NEWポイントにもいってみました。エントリーしてすぐにパンダダルマハゼのペアと遭遇!この個体は大きくて、なおかつ2匹寄り添ってくれるので、ペアで撮影したい方にはお勧め!
ホホスジタルミの幼魚、テンスの幼魚、極小アオウミウシ(5mm)、カンザシウミウシ(3mm)などなど、ウミウシも目に付く季節になってきました。

daruma1.jpg (13521 バイト)
Photo by じぃじぃ(D200)


2006年10月21日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25℃  透明度:10〜15m
コメント この週末は、少々透明度は落ちましたが、水温は下がらず、ウエットスーツでもまだ大丈夫でした。寒がりな人はそろそろドライかなぁ〜?
今日のリクエストはホムラハゼとユウゼン!と当たり前のように書きますが、どちらも超がつくレア物ですよね〜。
さて、今日のホムラハゼのご機嫌は?というと先日ほどではなかったですが、今日もなかなかのサービス!!ゲストはばっちり全身&ヒレ全開で証拠写真を撮影していました(*^^)v
ユウゼンには、出会うことができなかったのですが、その代わりなのか?同じような大きさのイシガキダイがうろうろ・・。君も釣り人にとっては、レアものなのにねぇ・・、でもゲストはちゃんと撮影してあげていました。
他には、ミヤケテグリ、ヤマドリ、マダライロウミウシ、フリソデエビ、ゼブラガニ、オランウータンクラブ、コワタクズガニなどなど甲殻類が充実していました。

furisode17.jpg (30043 バイト)
Photo by NOBO(μ40)


2006年10月19日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25℃  透明度:15m
コメント 先週末、いろいろと発見があったので、写真を撮りにいきました。
1本目はホムラハゼ1本勝負!が、今日に限って・・大サービス!!
なぜゲストがいるときに、これだけ出てくれないのか?というくらいの活動ぶりに、シャッターを切りまくったのは言うまでもありません。しかも、ペアでした(*^^)v
2本目は、ホタテツノハゼペア(このホタテはちょっと帆の色が変わっています!)、ちょっとだけお引越しのゴールデンイールモレイ、そして、ゲストに前々からリクエストされていたベニハゼ属の1種-12(日本のハゼ参照)をとうとう見つけました(^^)v図鑑に記載されているのより、は〜るかに浅い水深にいるので、こちらもじっくり撮影できますよ〜♪

benihazesp3.jpg (18584 バイト)
Photo by じぃじぃ(D200)


2006年10月15日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25〜26℃  透明度:20〜30〜m
コメント 今日も気持ちのいい透明度が続いています(^^♪いつもは行かないようなところにも遠征してみました。
ホタテツノハゼのペアを新たに発見したり、浅場にいたなまこが深場に降りていたり、もちろん極小のウミウシカクレエビも一緒でした。
リクエストのゴールデンイールモレイも発見!ニシキフウライウオ(ペア)も大事に卵を持っています。浅場ではダルマハゼもしっかり撮影!
最後は、ホムラハゼのリクエスト!昨日はさっぱり出てくる気配がなく、今日もだめもとで、ゲストがほぼあきらめた頃、最後に見に行ったゲストだけが撮影に成功!イチデジ全敗の中、コンデジμ40の勝ちでした。人懐こいユウゼンに、リクエストのナマコマルガザミまで見つかり、今日のゲストはリクエスト全部達成です(*^^)v次回は何をリクエストしてくれるのか?楽しみです・・♪

homura4.jpg (24929 バイト)
SAYO(D50)


2006年10月14日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25〜26℃  透明度:20〜30m
コメント 今日は透明度抜群!コンディション最高です!!
久しぶりのリクエストで深場のピグミーシーホースへ!今日も離れ離れながら2匹確認できました。
ほかにもハナヒゲウツボ(青)、クダゴンベ、ホタテツノハゼ(ペア)、アデウツボ、オウゴンニジギンポ、ニラミギンポ、ヤシャハゼ、ホタテsp、ヒレナガネジリンボウ、シャープアイピグミーゴビー、クロメガネスズメダイ幼魚、パンダダルマハゼ、ツバメウオ、ユウゼンなどなどマクロ系からワイド系まで盛りだくさんの一日でした(^^♪
ウミウシも、1年2ヶ月ぶりにCuthona sp.1 が登場!コネコウミウシヒロウミウシも5mm前後のものばかりで、こちらも幼魚シーズンのようですね。

niramiginpo1.jpg (20907 バイト)
SAYO(D50)


2006年10月13日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25〜26℃  透明度:15〜20m
コメント 今日もまずまずのコンディションの中、午後から2ダイブでした。
今日のリクエストもホムラハゼ!出てくるまで、辛抱強く待てるかどうかが運命の分かれ道です。さて、今日の成果は・・・?
近くには、オシャレカクレエビ(多数)、フシウデサンゴモエビ(たまに)、ヤマブキハゼ(かなりの大物!)、ニラミギンポ(yg)などなどもいて、ホムラ狙い以外の人も楽しめます。
極め付けは、久々登場のユウゼン!!相変わらず人懐っこくて、かわいい子です(*^_^*)
これまた久しぶりにキンチャクガニも登場です。しばらくはじっとしてくれて何カットか撮影できたのですが、あっという間に石の間へ消えていきました(涙)画像が小さくてちょっとわかりづらいですが、はさみでイソギンチャクを挟んでいるのがわかりますか?こうやって持っていたのかぁ〜と納得!

kincyakugani4.JPG (26017 バイト)
SAYO(D50)


2006年10月10日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25℃  透明度:15m
コメント 今日は、べたなぎ&快晴と、連休中にこれだったらなぁ〜とため息が出るようなGOODコンディション!午後からお越しのゲストと2ダイブしてきました。
今日のリクエストはホムラハゼ!ホムラ撮影は忍耐力が要求されます(笑)出てくるまで、粘りに粘ったゲストはいいショットが撮れていました。ゲストのお言葉に甘えて、今日はスタッフもイチデジ持参です(^^ゞ
今はまっているのは、ハタタテハゼの撮影なのですが、これがなかなか難しい・・。満足のいくショットが撮れたらまたご報告します。
他には、大きな個体のヤマブキハゼ&コシジロテッポウエビ2匹、2cmサイズの体色がきれいなミヤケテグリなどなど撮影してきました(*^^)v

miyaketeguri2.jpg (24994 バイト)
SAYO(D50)


2006年10月9日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25℃  透明度:15〜20m
コメント 今日はようやく風も収まり、最高のコンディション!
リクエストのアケボノハゼ&ジョーフィッシュ、タテヒダボウミウシ、ニラミギンポ、アオリイカ、イソコンペイトウガニなどなどを見て一組目のゲストはお帰りに。
ニシキフウライウオ、パンダダルマハゼ、ピグミーシーホース、ハナヒゲウツボ(青)、クダゴンベペアなどなどを見て、ほとんどのゲストがお帰りになりました。
午後からは、のんびりダイビング。一切のアザハタの根(?)はワイドの撮影にもGOOD!キンメモドキ&クロホシイシモチの群れ、ユカタハタ&クリアクリーナシュリンプなど、いろいろな生物がすんでいるので楽しみがいっぱいです。
他には、アカネキンチャクダイ&キンチャクダイ(いつも近くにいる)、オルトマンワラエビ、ナンヨウハギ、カマスの群れ、オオモンイザリウオ(大小)、ニシキウミウシなどなどご紹介しました。

oomonizari14.jpg (30194 バイト)
SAYO(μ40)


2006年10月8日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25℃  透明度:15〜20m
コメント 今日からはゲストも増え、ショップは大賑わい!波は少々(かなり?)高かったものの、水中は透明度もよく、快適!
アケボノハゼ、ハタタテハゼ、ホタテツノハゼ、ヤノダテハゼ、ネジリンボウ、ヒレナガネジリンボウ、ヤシャハゼ、ホムラハゼもチラッと、などなどのハゼ類♪
この時期ならではの、ニシキフウライウオ、マダラタルミ幼魚、ナンヨウハギ、モンガラカワハギ、アジアコショウダイ幼魚、クロメガネスズメダイ幼魚などなど。
フリソデエビ、オルトマンワラエビ、ゼブラガニ、バサラカクレエビなどなどの甲殻類。
ジョーフィッシュは白茶と白黄!最後は史上一、二を争うキビナゴの大群に安全停止中ず〜っとまかれていました(*^^)v

furisode16.jpg (27012 バイト)
Photo by じぃじぃ(D200)


2006年10月7日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:25℃  透明度:10m
コメント 台風は連休前になくなったのですが、低気圧が台風並みに発達し、今日は北西風がビュービュー(T_T)連休初日は、マニアックなダイビングからスタート!
少々数は減ってきたものの、このポイントでしか見られないクサハゼはまだまだ元気!ぱっと見は地味なのですが、撮影してみるとその美しさには惚れ惚れします。ハゼ好きの方は、一度見ると、はまってしまうようです(^^ゞ
他にはカマスの群れ、アオモウミウシ(2〜3mm)、サラサウミウシ(2.5mm)、フジナミウミウシ(3mm)、ホンクロシタナシウミウシ(20mm)と極小ウミウシシリーズに、3倍テレコンのゲストも大満足!?

kusahaze5.jpg (24691 バイト)
Photo by じぃじぃ(D200)


2006年10月6日
発信者

SAYO

コンディション 天気:晴れ 水温:26℃  透明度:20m〜
コメント 今日は、これも台風の影響?北西風が吹く予報だったので、早めに2ダイブ。海面がバシャバシャいっていることを除けば、透明度もよく、水中も暖かく、最高のコンディション♪
エントリーすると、カマスの群にしてはふくよかな・・?と思ったら、ムロアジの群がお出迎え(^^♪
モンハナシャコ(大、小)は、どちらもお出かけの途中で全身丸見え!今日はゲストも確認できたホムラハゼ(私も1年10ヶ月ぶりに見ました)、小さなフリソデエビニシキフウライウオのペア、キンメモドキ&ネンブツダイの群は、群の形の変化も面白いけど、口をぽけ〜っとあけているものもいて一匹一匹も個性的♪
オビテンスモドキ、マルスズメダイクロメガネスズメダイの幼魚クリアクリーナーシュリンプ、ロボコンエビ、オルトマンワラエビ、イガグリウミウシ(5mm)、ニシキウミウシなどなども見られました。

kuromegane2.jpg (14698 バイト)
Photo by じぃじぃ(D200)


2006年10月1日
発信者

SAYO

コンディション 天気:曇り 水温:26℃  透明度:15〜20m
コメント 今日はやや曇りがちなお天気でしたが、海の中はかわらずにぎやかです。
幼魚シーズンだけあって、いろいろな生き物の子供たちがたくさんいます。特にスズメダイ系などは、今しか見られない体色をしっかりチェックしてくださいね。ということでゲストの1人は、ルリホシスズメダイの幼魚と30分間格闘!その近くではNOBO君がホムラハゼを確認!!小さくてもきれいなオレンジ色だったぁ〜♪といたく感動!!!
甲殻類好きのゲストには、オリビア?(調査中)、フシウデサンゴモエビ、ヨコシマエビなどを撮影していただきました。
他にはこちらも小さいホタテツノハゼセンテンイロウミウシ、アオウミウシ、ヒロウミウシ、イガグリウミウシ、ホンクロシタナシウミウシとどれも子供サイズ、ツブツブコイボウミウシだけは大きなサイズとウミウシもいろいろと出始めた週末でした(*^^)v

yokosima3.JPG (24544 バイト)
SAYO(μ40)