平成12年3月31日をもって特別地方消費税撤廃されます
今まで旅行者すなわち皆様がご負担されておりました
特別地方消費税が撤廃されます。
不条理な税金特消税=旅館ホテル飲食店等でのご利用15,000円(宿泊1泊2食)を1円でも超えた時飲食7,000円を越えたとき、に掛かって参ります。
皆様のご理解ご協力、私ども旅館協同組合青年部を始め環境衛生協同組合が幾度と無く中央へ出向きお願いして参りました結果がここに来てやっと実りました。
私どもがここで申し上げたいのは、旅行は(1部を除き)
庶民の年間1−2回前後の楽しみに贅沢だとして税金を徴収する。これは旅館が頂く物ではなく皆様すなわち旅行者が
御負担されております、一般の生活で消費税、町県民税、車で、取得税、重量税、県税、車検に消費税、ガソリンで........。
車ナンテのは所有しただけで県税(2000ccクラス)年40,000円
車検最初は3年ですがその後は2年マイ12−3万保険等.保管料で所有しただけで年間12−13万以上(安く見積もって)
確かに年貢は必要でしょう、ですがその前に役人の方々に申し上げたいのは、現在民間の会社はバブル崩壊後の不景気によりリストラの驚異や銀行の貸し渋り等で経営困難の折り、必死に働いております。
なのにこの度の県警(N県警)の件公安委員会の件TVで見ましたが、週1回の召集で年収2千2−3百万程でしたか、(これはおそらく氷山の一角)もうとんでもない話で開いた口もふさがりません庶民の汗でつくり得た血税を何と思っているのか。!!
ホントの意味で適材適所ロスト無く有効に使用して頂きたい
役人の方々御頭が良い方ばかり集まっておられるのならもっと良い考えは無いのでしょうか?
あまりにもロストが多すぎませんか??
議員の方々大きな箱物も良いですがソフトがなければただの箱ですよ、ひょっとしてそれ以下(全て維持管理は庶民や民間の会社の血税です血税です血税です血税です血税です。)
私は行政の全てが悪いとは申しませんが本来もっと使われて、良いところもっと削除しても良いところは有りませんか?
某温泉地で特消税に変わる新税をお考えと言うことですが、はっきり言いまして、自分で自分の首を絞めるような物ですよ。
全国の旅行関係者が見ておりますよ!!
お役人の方々に申し上げます
太陽と北風のお話ご存じですか。どちらが先に旅人の着衣を脱がすか......。
と言う競争ですが北風は力に物を言わせビュウビュウ旅人はがっちりガ−ドをしてもっと身を固め守ります。
が反面太陽は何の力も加えずポカポカ日を当てます
旅人は自然とひもがゆるみ衣服を脱ぐ.......。
何でもかんでも税金税金では庶民の財布のひもはゆるみませんよ
頭の良い方が沢山おられるのですからもっとお家から出やすいように考えて下さい、楽しくお買い物が出来たり旅行に行けたり
私なんぞは学費の方面にもっと税金が流れても良いのではと思いますよ!!ホント庶民の些細な楽しみなのです(旅行お買い物)独身貴族は別として所帯を持つと大変なのはご存じのはず)まあ我が家(マイホ−ム)は自分のカイショウですからなかなか援助までとは言いませんが学費の負担は相当大きいと思います。
特に地方から出なければならない学生さん親御さんの負担は生活を圧迫します。
お役人様お願いですホントによう考えて何が大切なのかどこに税金を投入すればよいのか、頭の良い、尚かつ良識あるお役人様
頑張って下さい弱小旅館宿六のお願いです。
最後までお付き合いいただき誠にありがとう御座いました。
ようこそさつき荘のホ−ムペ−ジへ戻る
ようこそさつき荘のホ−ムペ−ジ2へ
サブトップ