知恵で乗り切る花粉症

いつまで続くこの症状

杉花粉症は花粉によって起こるアレルギ−疾患です
花粉が飛ぶ季節は、症状がでます
杉花粉にだけ反応する人は1月−4月下旬がその時季です
が地域によっても一人一人の感受性によっても症状のでる時季は千差万別です
がわずかな量の花粉に反応する人や花粉の飛ぶ時季が終わっても症状が長引く人がいます
毎年の症状の起こり方を振り返り飛散予想と医師のアドバイスに従って過ごすのが、
この期間を上手に乗り切るための最前の知恵です

飛散予想はどう知る

備えあれば憂いナシ.......
予防策の有り無しではでは症状の程度は大違い。花粉対策は万全を期しましょう
症状を少しでも軽くするには、早めの受診早めの治療が役に立ちます。
日々の飛散予測は各地域の予想が参考になります
テレビやラジオの飛散予想やインタ−ネット(下記に参照)などで、最新の情報を入手することができます
予測をもとにできることなら、外出は風が弱く、飛散の少ない雨の日や曇りの日にしましょう
そして晴れて風の強い日、、雨上がりの日中はなるべくさけましょう

予知して防ぐも知恵のうち

毎日の予報をみればわかるように花粉飛散は、天候に左右されます。
でも天気次第の生活はなかなかむずかしい物、そこで役立つのが、花粉の進入を防ぐ知恵です
家の中にも花粉は進入
隙間やドアの閉会で、花粉は屋内のも入ってきます。
室内の花粉を減らし花粉に接する機会を減らしましょう。


★窓やドアを開けっぱなしにしない
★掃除機臓器を使ってよく掃除をする
★洗濯物や布団を干したときはよく布団を払ってから取り込む

家の外は花粉の世界

花粉飛散予報を参考に外出を控えたり出かけるときには
身につける物に気を配って自分の体は自分で守りましょう
★めがねマスク帽子表面のなめらかな上着などは花粉が体に触れるのを防ぐ
★外出から帰ったら、付着した花粉を速やかに取り除くためにうがい洗顔.洗眼.シャンプ−を行いましょう
(そのとき医師の指示や器具の説明書き等を読んで美粘膜を痛めないように気をつけましょう)
医師の治療、薬の助けも加えて
花粉対策の鉄則は花粉との接触をさけること。
......とは言うものの、大量に飛ぶ花粉は避け切れません
薬の助けを借りて治療するとずいぶん楽になります
いま35年の歴史を持つ杉花粉症、薬の使い方についてもいろいろな事がわかってきました
具体的に日々役立つ点は下記の4点です
★早くからのむ(薬を)
★毎日続ける
★自分に合う薬を見つける
★杉花粉が飛散しなくなっても当分続ける


その1
●早くからのんでよかった
症状のではじめが遅れます
症状の強くでるj時季が少なくなります
飛散が終わる頃の症状の治まりが早くなります
以上のこうしたことがわかっているからです
初めて花粉症を経験する方に症状が出る前の治療は
ちょと無理でしょう。でも軽いうちの治療で、ずいぶん楽になるはずです
●毎日続けてよかった
毎日きちんと続けていたら楽に過ごすことができる事がわかっているからです
いったん鼻や目の粘膜が炎症を起こすと過敏になって元に戻りにくいようです
今日の薬は明日のために少しの努力を続けて医師の指示がある間はきちんと治療いたしましょう
●自分に合う薬が見つかった
同じ花粉症とはいえ患者さん一人一人症状が少しずつ違っています
症状のタイプによってよく効く薬があります
たとえば....ほとんど全員の患者さんに現れる鼻症状のなかでもくしゃみ鼻水によく効く薬鼻づまりに効く薬があり
また人によって眠気のでやすい人ほとんど問題にならない薬もあります点鼻薬や点眼薬を使うことがあります医師の処方
指示をよく守り楽になりましょう。
より快適な毎日を過ごしましょう
●杉花粉がなくなっても続けて正解
杉花粉の飛散はほとんどの地域で終わりを迎えますところが症状はすっきり収まらないというケ−スが
多い物です。
これは一つには敏感になった鼻の粘膜がなかなか正常に戻らない事
そしてもう一つは杉花粉と同じような症状を起こすひのき花粉にも反応するケ−スが有るからです
中には、その後も夏のイネ科花粉や秋の菊科花粉にもアレルギ−症状を起こす人もいます。
日記を付け症状の経過をよく観察し医師に伝えることで快適な治療をしてもらうことが大切です
花粉情報
■花粉症リンク
日本全国
東北地方
北陸地方
甲信越地方
関東地方
東海地方
近畿地方
中国地方

四国地方
九州地方
2002月4月現在
アドバイザ−岡本美閤孝