湯原町のユニークな
イベントのご紹介です。

ご旅行でお越し頂くときにもし巡り合えたら最高ですね!

6・26「露天風呂の日」6月26日

湯原町が全国に向けて情報発信する最大のイベント。全国露天風呂番付で西の横綱にランクされている湯原温泉が、町の観光を支えてくれる温泉と地元の人々、そしてお客様へ感謝して行われる。大温泉感謝デー。昭和62年から全国に先駆け6月26日を語呂合わせから「露天風呂の日」と名付けイベントを繰り広げている。地域興しイベントとしても全国的に有名でカレンダーにも記載されるようになった。当日は、旅館&ホテルの内湯が無料解放され、宿泊料金も¥6,260になるなど飲食店、土産物店まで参加しての遊び心満点のユニークなイベント。


朝6:26町の人が総出で露天風呂の大掃除、小石の一つ一つまでたわしで磨きます。

露天風呂感謝の集いです。626個の風船にメッセージを乗せて大空に放ちます。

発明王のドクター中松さんの誕生日も6/26、頭の良くなるお風呂の入り方・・露天風呂が最高だそうです。

街角のマフォーマンス、チンドン湯原も大人気。町のあちこちでいろんな人たちが楽しませてくれます。

小錦関の浴衣です。小錦の勝ち☆も626個、記念に浴衣を頂きました。

 

 

 


無言の行の「お湯取りの儀」元湯のお湯を露天風呂まで運びます。

 


大役を終えて、一息・・・

 

 

義 民 祭5月3日

山中一揆は、今から270年ほど前、時の津山藩の圧政に耐えかねた農民が飢餓のために必要な米の返還と税率の軽減を要求して立ち上がった農民一揆でした。この時に犠牲となった51名の威徳を偲び、後世においてこのような悲劇を繰り返さないようにとの願いから行われています。当日は、護摩供養の他、各種のイベントが義民の丘で行われます。

    

はんざき祭り 8月7・8日

湯原温泉の夏の風物詩です。「はんざき」とは、おおさんしょう魚のことです。そのはんざきの大きな(10メートル)張り子を引き回し、道中囃子や花火大会などが行われます。

露天風呂「湯けむり寄席」8月31日

露天風呂に入浴しながら落語を楽しもう!と言うイベントです。関西及び岡山の各大学の落語研究会のみなさんが腕を競い合います。湯原温泉ならではの露天風呂イベントです。商工会青年部による夜店もあり夏の最後の一時を楽しく過ごすことが出来ます。

ほっとスカイウォーク10月 中旬

毎年10月中旬に行われるこのイベントは、櫃ヶ山のふもとにある足温泉と真賀温泉・郷緑温泉を大自然と結びつけた大イベント。ようするにハイキングなのだが、途中退屈しないように自然林の森の中で地元民が用意した鍋を囲んだり、天狗太鼓を聞いたりクイズや大声大会など催し物もいっぱいある。最後は、先の温泉に入浴してお土産に天然野菜のサービスがあったり・・・!

警固行列10月21日、22日

田根、見明戸で行われる秋の大祭。このお祭りは、他の神社で行われる秋祭りとちょっと違います。3挺の御神輿にご神体が乗せられお旅所に向かうのだが、人々に「平穏、平和に暮らしているか?」と問いながら進む道中の中での人々との掛け合いがユニークで面白い。それに併せて向抜を先頭に大弓、半弓、鉄砲、素槍、白熊槍、侠箱が続き、太鼓や笛の渡拍子に合わせて練り歩く姿は必見!この「警固行列」は、江戸時代から伝わっていて、現在は、町の無形文化財に指定されている。

ようこそさつき荘のホ−ムペ−ジへ