司馬遼太郎

「竜馬が行く」を読んだ時は、感動した。日本の歴史をいきいきと描き出すことにかけては、卓越した才能を持ち、「この国のかたち」など、歴史観も興味深く読める。

こういう人がいるから、日本国の歴史をいきいきと知ることができるのだろう。歴史は、教科書だけでは骸骨のようなもので、小説家が血と肉を与えて生きた人間の歴史とするのだろう。

司馬氏は、血液型A型だそうだが、歴史小説家はひょっとするとA型の人が大成するかもしれない。

「翔ぶがごとく」は、「竜馬が行く」に比べるとやや教科書的になってしまっているのは、史実に忠実に書こうとしたためであろうか。

リンク:司馬遼太郎記念館、 司馬遼わあるど