サザン・オールスターズ

桑田写真

今や日本を代表するロックバンドと言って過言ではあるまい。

「勝手にシンドバット」でデビューした時は、私はノリがいい曲と思ったが、やや冷ややかに見ていた。それは歌詞がナンセンスで、1曲で消えてしまうようなバンドに思えたからだ。(逆にナックのマイシャローナには、ビートルズ再来かと、期待していたらアルバム1枚で終わってしまった)

ところが、私の予想はうれしい方向に外れた。「いとしのエリー」等次々にいい曲を出していったのだ。ナンセンスな歌詞もメロディ重視のためだけでなく、お遊びでもあるとその路線の曲もすぐに好きになった。

いったんファンになると、大ヒットがでない時期も注目していたが、2000年にはtunamiの大ヒットでまた新しい世代のファンにも注目されている。

サザンのよさ、海外の人にもわかってもらいたいね。(レィ・チャールズがエリー・マイラブをカバーしたり、以前ミス・ブランニュー・ディが海外で小ヒットしたとかいうことだけど)

これからも、新しいことに挑戦しながら、スタンダードな名曲を作り出していってほしい。

それから、ライブ活動を負担に感じることがあるというインタビューを聞いたことがあるけど、ビートルズの時代と違って、ライブ音響や環境が良くなっているはずなので、ライブは続けてほしい。

リンク:サザンオールスターズ公式ホームページ 、 サザン・ドット・コム