北杜夫

特に高校頃から、どくとるマンボウシリーズは読み始めた。北氏の躁鬱病についての著作中での話は、精神病への興味を偏見なく持つようになったきっかけでもある。

どくとるマンボウは躁病状態になるとマブゼになるそうである。「楡家の人々」などの文学路線の本も結構読みました。

リンク:北杜夫ファンページ・どくとるマンボウファンの共和国