最新アルバム「ロスト・ハイウェイ」は前作に引き続き通算4枚目のオリコン総合アルバム・チャート1位を獲得し、ビートルズを抜いて洋楽バンドにおける首位獲得数歴代単独1位を記録した!すごいが、日本のファンとボン・ジョビの付き合いは25年とそれくらい長い間に打ち立てられた記録である。ちなみにボン・ジョビは私より1歳年上である。ビルボードチャートでも1位を獲得し、日米同時1位を初めて達成した。さらに、グラミー賞のカントリー部門で初受賞した。


まさしく、今旬の ボン・ジョビのコンサートを友人と2007年1月13日に見てきたが、そのパワフルな演奏には感心した。1曲目からアリーナ、スタンドの観客は総立ちであり、最後のアンコールまで、ゆっくり座って聞くことはなかった。もちろん、疲れて座ってしまうと前の観客の背中を見ていることになるので、前列から全体に座らない限り、全員が立っていることになる。
印象的であったのは、曲間を持たず次々とヒット曲を含めたアップテンポのナンバーをまるでホワイトアルバムのA面のようにたたみかけるように聞かせたところだ。
ボン・ジョビのサウンドは、基本的にはドライで陽性なアメリカンロックなのだろうが、今回のライブはエレクトリックバイオリンをフューチャーした曲も多く、カントリー部門でグラミーを受賞したわけもわかった。Wanted Dead Or Alive はしっとりと聞かせているが、基本的に明るくからっとしている。なんといっても、ボン・ジョビの真骨頂は、You Give Love A Bad Name、Runaway 、Born To Be My Baby 、It's My Life 、Bad Medicineあたりの大ヒット曲だろう。このあたりを演奏されたら、観客はノリノリになっても当然だ。私は、エリック・クラプトンのようなウェットなブルースも好きだが、ボン・ジョビのような路線もいいなと再認識したライブであった。今回のライブは、運良く御招待券が抽選で当たったのだが、昔ニューヨークに旅行したときも、たまたまタイムズ・スクウェアでボン・ジョビがライブ・パフォーマンスするのを運良く聞くことができたことを思い出した。

1/13東京ドーム セットリスト

01.Lost Highway
02.You Give Love A Bad Name
03.Raise Your Hands
04.Runaway
05.The Radio Saved My Life Tonight
06.Story Of My Life
07.In These Arms
08.(You Want To)Make A Memory
09.Whole Lot Of Leavin'
10.Born To Be My Baby
11.Any Other Day
12.We Got It Going On
13.It's My Life
14.Bad Medicine〜Shout
15.These Days(VOCAL/RICHIE)
16.Keep The Faith
17.I'll Sleep When I'm Dead
18.Who Says You Can't Go Home
19.Livin' On A Prayer

ENCORE
20.Have A Nice Day
21.Wanted Dead Or Alive
22.I Love This Town
23.Captain Crash&The Beauty Queen From Mars

Link:Bon Jovi Official WebSite