日本心理臨床学会 第26回大会 自主シンポジウムU
9月28日(金)18:30〜20:30
テーマ:障害受容に向けてのアプローチ
−高次脳機能障害者を有する患者とその家族に対する心理教育−
企 画 者:平 林   一(鹿教湯三才山リハビリテーションセンター鹿教湯病院)
司 会 者:阿 部 順 子(岐阜県医療科学大学保健科学部看護科)
話題提供者:仲 村 信一郎(高齢・障害者雇用支援機構 障害者職業総合センター)
      四ノ宮 美恵子(国立身体障害者リハビリテーションセンター病院)
      殿 村   暁(神奈川リハビリテーション病院)


障害受容に向けてのアプローチ〜家族のアセスメントから〜(pdfファイル)
(目次)

障害者職業総合センター障害者支援研究部門 話題提供者:仲村信一郎 

T.はじめに

 家族といってもその形態は様々である。従って、家族を支援するためのアセスメント(構造と機能)を踏まえて、障害受容について言及したい。

U.家族支援に関するヒアリング
.問題の所在

  脳外傷親の会等へのヒアリングで、様々な家族が浮き彫りになった。

 2.具体例(Ex14

 3.ヒアリングからの課題

  ・家族が支援者になりうる要件等の家族アセスメント

  ・病識欠如等の障害特性を踏まえた家族支援

V.話題提供の内容

 ・家族の構造(何が)と機能(どうなっているか)という視点でのアセスメント方法

 ・家族の機能の中で、家族の障害特性の理解と、障害の受容についてこれまでの理論を述べる。

1.家族の構造(何が)

 (1)エコマップ

 (2)家族構造の4つのサブシステム

 (3)家族のライフサイクル

 2.家族の機能(どうなっているか)

 (1)家族の親密度(きずな)と家族の調整・方針決定(かじとり・パワー)の視点
  @4つのモデル

  Aオルソンの円環モデル

  B家族イメージ法(亀口,2000

 (2)家庭の役割:くつろぎ機能としつけ機能

    くつろぎ機能≧しつけ機能

 (3)障害特性の理解と受容

  @本人の障害受容の理論
 A家族の障害受容の過程(先天性障害)

  B家族の障害受容の過程(後天性障害)

  C身体障害の社会受容から、見えにくい障害受容へ

  D本人・家族の高次脳機能障害理解

  E高次脳機能障害者の障害認識促進

 (4)家族のサポート体制

 (5)家族状況の把握

 (6)家族のアセスメントまとめ 

W.おわりに