エゴグラム解説

エゴグラムは、精神分析を学んだエリック・バーンの交流分析から考案されたものです。エリック・バーンは、人には5つの心(自我<エゴ>状態)があると考えました。その5つの心(エゴ)の状態を、弟子のデュセイがグラフ化したものがエゴグラムです。

エゴグラムは、市販されている東大式エゴグラム、無料の芦原式エゴグラムがありますが、ここではインターネットで無料実施できるエゴグラムを実際に行ってみることをお勧めします。

いかがだったでしょう?

交流分析では、親(Parent)の心は、批判的な親(Critcal Parent)心<父親的>と養育的親(Nurturing Parent)<母親的>の2つある。合理的な大人の心(Adult)があり、子供(Child)の心は、無邪気な子供(Free Child)心と順応した子供(Adapted Child)心があると考えます。

それでは、その5つの心の長所と短所について一つ一つ説明をします。

@批判的な親(Critcal Parent)心の得点の高い人は、「〜しなければならない」と考えがちで、規律を重んじ自他に厳しい面もあるため、リーダー的な場合もあるが、得点が高すぎるとストレスがたまりやすいようです。得点の低い人は、物事にこだわらない、のんびりやだが、低すぎるとルーズ、規律を守らないという面も出てきます。

A養育的親(Nurturing Parent)<母親的>心の高い人は、受容的で世話好きであるが、得点が高すぎるとおせっかいになりがちです。得点の低い人は、さっぱりしているという面もあるが、低すぎると冷淡・気配りをしないという面もあります。

B 合理的な大人の心(Adult)の得点の高い人は、理性的・論理的でしっかりしているが、高すぎると打算的な印象も出てくるようです。得点が低い人は、素朴で情緒的だが、低すぎると計画性がない、思い込みで判断する等困った傾向も出てきます。

C無邪気な子供(Free Child)は、感情表現・創造性が豊かで物事を楽しめるが、高すぎると自己中心的で自分勝手で落ち着きがない傾向も見られます。得点が低い人は、素直で静かな感じであるが、低すぎると引っ込み思案、物事を楽しめない傾向もあります。

D 順応した子供(Adapted Child)心の得点が高い人は、いい子としてふるまうため、行儀がよく協調性があるように見られるが、高すぎると依存心が強い面がみられ、ストレスもたまりやすいようです。得点が低いと人に気兼ねせず自主的な行動をするが、低すぎると自分勝手で人と行動ができないという面も見られます。

以上の5つの心のバランスでそれぞれの特徴が出てくるということです。