ホームへレース記録 レース記録へ戻る レース記録フルへ戻る


フルマラソンレースガイド


161.鳥取マラソン2013
大会開催日2013/3/17
鳥取県鳥取市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 q 0:22:48 0:22:48 0:04:34
10 q 0:45:22 0:22:34 0:04:31
15 q 1:07:57 0:22:35 0:04:31
20 q 1:30:54 0:22:58 0:04:36
25 q 1:53:33 0:22:38 0:04:32
30 q 2:17:29 0:23:56 0:04:47
35 q 2:42:52 0:25:24 0:05:05
40 q 3:09:20 0:26:27 0:05:17
ゴール q 3:23:16 0:13:58 0:05:38
 
1.日程
行き 4時20分自宅出発ー国道30号ー岡山市内ー県道美作線ー国道53号奈義ー黒尾峠ー鳥取道智頭ICー鳥取ICー陸上競技場6時40分到着
帰り 14時20分吉岡温泉出発ー鳥取ICー鳥取道ー智頭ICー国道53号線ー黒尾峠ー奈義ー美作ー国道2号吉井川土手ー岡山国道バイパスー岡山市内ー国道30号線ー帰宅17時30分 
2.コース
  競技場を出てから左折して湖山池湖岸道路を通って吉岡温泉に向かい温泉入り口で折り返し、来た道を引き返し布施陸上競技場手前で左折し鳥取大学方向へ北上するが軽い上りになる。鳥取大学に沿って左折して湖山池北岸を西進湖山池の西側で南進するが曲がってしばらく走ると丘越えのアップダウンがある。南進し吉岡温泉入り口手前で吉岡温泉西側を内陸部に向かい、吉岡温泉の奥に出て、吉岡温泉を通り過ぎて湖岸周回道路に出て、湖岸南岸を布施陸上競技場に向かい、競技場前を 通過して、右折して第2折り返しに向かって、上りの手前で折り返し、同コースで競技場まで戻る、大きなアップダウンは無いが細かいアップダウンが4ヶ所ある。
3.レース展開
スタートは前から20mほどあり、すぐには動かず、スタートロス20秒程度あり、4分44秒かかるが、1キロ行くまでに、自分のペースで走れるようになる。前回の吉備路でキックを効かせて、最後までもったので、今回も最初から飛ばしていく。殆ど風も無く、いい感じでガンガン走れた感じだったが、20キロ過ぎたあたりで、風を感じだし、中間点は1時間37分。3時間15分で走れるかと思うが、25キロまでは、5キロ22分代で走れたが、足が重く感じてきて、競技場へ前を通る30キロまでは向かい風となって、よけいペースが落ちて23分代になり、足がいっぱいになり、ペースは落ちるばかりで、33キロ目で5分代に落ちて、第二折り返しの35キロまでは、やっとたどり着いた感じ。ラストの10キロはキロ5の走りになり、40キロ過ぎてはヘロヘロで、ラスト1キロのゆるい坂もやっと走って、競技場に戻ってもペースは上がらず、やっとゴールした。3時間23分16秒で、今シーズンのベストが出た。途中までは、20分も切れるかと思ったが、無理だった。


162.第21回津山加茂郷フルマラソン
大会開催日 2013/4/21
岡山県津山市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 q 0:23:17 0:23:17 0:04:39
10 q 0:47:52 0:24:35 0:04:55
15 q 1:13:32 0:25:40 0:05:08
20 q 1:41:11 0:27:39 0:05:32
25 q 2:06:26 0:25:15 0:05:03
30 q 2:35:51 0:29:25 0:05:53
35 q 3:02:37 0:26:46 0:05:21
40 q 3:31:31 0:28:54 0:05:47
ゴール q 3:46:15 0:14:44 0:06:19
 
1.日程
行き 6時45分発ー国道30号ー県道美作線ー津山市内ー県道ー加茂8時半到着
帰り 15時会場発ー県道ー津山市内ー吉井ー県道ー佐伯ー自動車道ー国道2号線ー国道30号線ー17時半帰着
2.コース
 加茂町総合グラウンドをスタート・ゴールとし、隣の阿波までの往復コースでのどかな山間部の主要道を走る。スタートから4キロ位までは川沿いの軽い下りで加茂川の橋を渡って折り返してから上りになり、加茂町の中心部を通って因美線沿いに智頭方向に向かい、15キロ地点の先で左折して阿波村の中間点の折り返しに向かうが、ここから上り勾配が強くなってくる。折り返しまでを330メートルの高低差で上り、引き返す。1キロほどで往路とは分かれて、阿波村内の別のルートを下り25キロ過ぎで、往路のコースと合流する。合流後は往路と同じコースで、加茂町内の役場の傍を通る。沿道の応援は集落に入るたびに町民の応援が暖かい。町の人口の割に沿道の声援が多く、地域を上げての応援 が嬉しい。
3.レース展開
スタート前のアップで、更衣場所に戻ると、汗をかいて暑かったのと、時雨れていた天気もすぐに回復すると判断して、半袖でグラウンドへ行きスタート。折り返せば下りになるので、前半を飛ばしても、後半は大丈夫と思い、前半は頑張って走るが、しぶきから小雨程度の雨が向かい風で吹き付けてきて、半袖から出ている腕に当たって、腕が冷たさで痺れてくる。寒さと痺れに耐えて走り続けるが、折り返しまでに、足がいっぱいいっぱいになる。1時間47分46秒、年代45位で折り返すが、体が冷えてか、足が終わっているからなのか、キック出来ず、流すような走りしか出来ない。27キロのトイレで4分のロスもあり、最後の4キロで橋を渡って、会場へ向かう僅かの上りも、向かい風が強く、後半はキロ6を超える走りで、やっとゴールするが、とにかく寒かった。レース後に着替えてから、食べたカレーで一息つけた。

第21回武庫川ユリカモメウルトラ70kmマラソン
大会開催日 2013.5.3
兵庫県西宮市武庫川河川敷

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 q 0:27:19 0:27:19 0:05:28
10 q 0:52:34 0:25:15 0:05:03
15 q 1:18:10 0:25:36 0:05:07
20 q 1:46:37 0:28:27 0:05:41
25 q 2:12:37 0:26:00 0:05:12
30 q 2:38:22 0:25:45 0:05:09
35 q 3:05:17 0:26:55 0:05:23
40 q 3:32:31 0:27:14 0:05:27
45 q 4:01:19 0:28:48 0:05:46
50 q 4:30:43 0:29:24 0:05:53
55 q 5:02:34 0:31:51 0:06:22
60 q 5:35:42 0:33:08 0:06:38
65 q 6:06:02 0:30:20 0:06:04
70 q 6:39:56 0:33:54 0:06:47
 
1.日程
行き 4時15分出発ー国道30号ー国道2号ーブルーラインー国道2号ー網干5時50分着ー網干駅6時13分ー山陽本線ー三宮駅6時58分着ー阪神三宮駅ー武庫川駅7時40分着
帰り 17時阪神武庫川駅ー阪神三宮駅ーJR三宮駅ー網干駅 網干駅発20時ー国道2号ーブルーラインー国道2号ー国道30号ー自宅22時帰着
2.コース
 阪神電車武庫川駅下流西岸をスタートし、4.3キロ上流へ北上し折り返し、南へ5キロ地点を折り返し、スタート地点へ戻る1周10キロのコースを7往復する。走路は一部舗装路を走るが、ほとんど、未舗装路を使用し足元は傾斜のあるところでこぼこのところと、あまり良くない。
3.レース展開
5年ぶりの参加で、参加者が以前は400名程だったのが、1265名の参加者でスタートは混雑で思うように走れない。2キロ程で自分のペースで走れるようになるが、アップもしてないのでペースに乗れない。
ペースに乗れるとキロ5で走れて、風向きのせいか、上りに向かうとキロ5、下流に向かうと5分10秒ぐらいのペースで走れる。20キロ手前でトイレタイムのロス4分。30キロぐらいまではペース維持出来たが、徐々にペースダウン。その後50キロまではキロ5分代を維持出来るが、さらに疲れて60キロまでは6分半ペース。60キロから気持ちを入れ直してキロ6で走るが、ラスト5キロはバテバテになって、やっとゴール。スタートから今の時期にしては気温が低く、走りやすかったが、ゴール後は寒かった。

2013えびすだいこく100kmマラソン
大会開催日 2013.5.26
島根県島根半島一帯

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 q 0:27:22 0:27:22 0:05:28
10 q 0:54:48 0:27:26 0:05:29
15 q 1:26:17 0:31:29 0:06:18
20 q 1:55:08 0:28:51 0:05:46
25 q 2:28:02 0:32:54 0:06:35
30 q 2:58:40 0:30:38 0:06:08
35 q 3:30:51 0:32:11 0:06:26
40 q 4:06:19 0:35:28 0:07:06
45 q 4:36:34 0:30:15 0:06:03
50 q 5:03:24 0:26:50 0:05:22
55 q 5:37:14 0:33:50 0:06:46
60 q 6:09:29 0:32:15 0:06:27
65 q 6:41:29 0:32:00 0:06:24
70 q 7:20:28 0:38:59 0:07:48
75 q 7:54:48 0:34:20 0:06:52
80 q 8:27:32 0:32:44 0:06:33
85 q 9:03:55 0:36:23 0:07:17
90 q 9:44:25 0:40:30 0:08:06
95 q 10:21:10 0:36:45 0:07:21
100 q 11:03:18 0:42:08 0:08:26
 
1.日程
行き 25日 13:30自宅出発ー早島ICー山陽自動車道ー岡山自動車道ー米子自動車道ー山陰自動車道 松江16:20着
帰り 26日 一畑電鉄出雲大社駅18:49分発ー松江市役所ー松江中央ー山陰自動車道 米子道ー中国道ー岡山自動車道ー山陽自動車道ー早島ICー自宅23時帰着
2.コース
美保関神社鳥居前をスタートして境港方向に走り、福浦より日本海側に抜けて10キロ。島根半島の  海岸線沿いに漁村集落沿いに走りアップダウンを繰り返しながら65キロまで走る。30キロからのチ  ェリーロードはトンネル通行止めのため、途中で折り返し。45キロから始まる島根原発越えは前半の難所。恵雲に下ってから55キロ地点の鹿島町・鹿島文化ホール前のレストエイドで休んでから最大の難所・横手林道への急な上りを上がって林道を抜けて、魚瀬に下り、海抜0メートルより最後の上り、宍道湖側に山越えで抜ける。津ノ森からは、国道431号沿いに出雲大社を目指してフラットな道を走る。平田の市街地を抜けて西進し、出雲大社前で左折し100メートルほどで右折し神門通り交通広場でゴールとなる 
3.レース展開
スタート後の5キロは27分22秒、走りは悪くないが、靴の底がキュッキュッと擦る音がする。足が上がってないのが解る。最初の峠越えで日本海側へは、タイムロス無し。14キロの仮設トイレがいいタイミングで入れてラッキー。23キロの食事の出来るエイドでは、おにぎり、豆腐の味噌汁。フルーツにスイカもいただく。30キロ過ぎのチェリーロードは折り返しになっていたが、桜のトンネルがいい日陰で涼しく走れる。公園で折り返すと帰りはほぼ下りでペースアップする。トンネルを抜けた道路の温度計が25度を表示。朝の9時過ぎから気温が高い。35キロ過ぎに2度目のトイレを済ませるが、チェリーロード折り返しで距離が伸びたのか、距離表示がかなり変わっている感じ。40キロから鹿島原発横を通り過ぎて50キロ過ぎの山道で足を使う。2キロ足らずの上りを越えて、55キロの鹿島文化ホール前のエイドで給水すると、引き返して横手林道の上りは厳しいが、今年はかなり走れた。上り切ると山の中腹の林道をくねくね走る。宍道湖側への峠道は例年より短く感じられた。足に余力が残っていると感じて、下りもちゃんと走れる。平地に出ると、太陽を正面から受けて、アスファルトの照り返しと合わせて急に体温が上昇した感じ。74キロの津ノ森駅のしじみのエイドまでは、足も元気だったが、80キロ過ぎると、平地なのにキロ7分、8分とかかるようになる。84キロの平田のエイドでおしるこを食べるが軽い吐き気もして、熱中症気味。その後の歩道の傾斜やバラスを固めたような舗装を走るが、足場の悪い石の所で靴先が引っかかったようで、足が出ず、空中を飛んで両手のひらを擦りむいた。出血が止まらず、近くの民家で手を洗わせてもらって、治療までしてもらう。その後、ペースは上がらず、あと2キロで歩きが入るが、出雲大社まで1キロの看板で最後の走りで、交通広場前のゴールまで、駆け込んだ。

第16回村岡ダブルフルウルトラランニング
大会開催日 2013.9.29
兵庫県美方郡香美町

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 q 0:28:58 0:28:58 0:05:48
10 q 1:00:12 0:31:14 0:06:15
15 q 1:34:51 0:34:39 0:06:56
20 q 2:10:40 0:35:49 0:07:10
25 q 2:36:41 0:26:01 0:05:12
30 q 3:09:18 0:32:37 0:06:31
35 q 3:39:11 0:29:53 0:05:59
40 q 4:14:35 0:35:24 0:07:05
45 q 4:55:32 0:40:57 0:08:11
50 q 5:52:52 0:57:20 0:11:28
55 q 6:33:34 0:40:42 0:08:08
60 q 7:06:36 0:33:02 0:06:36
65 q 7:38:49 0:32:13 0:06:27
70 q 8:21:50 0:43:01 0:08:36
75 q 9:21:40 0:59:50 0:11:58
80 q 9:59:55 0:38:15 0:07:39
85 q 10:36:13 0:36:18 0:07:16
90 q 11:13:02 0:36:49 0:07:22
95 q 12:01:29 0:48:27 0:09:41
100 q 12:37:40 0:36:11 0:07:14
 
1.日程
行き 28日11時20分出発ー国道30号ー国道2号ー県道ー岡山県高速道ー佐伯ー美作ー大原ー鳥取自動車道ー鳥取ー国道9号ー香美町16時10分着
帰り 29日19時30分香美町出発ー国道9号ー鳥取ー鳥取自動車道ー智頭ICー国道53号ー那岐ー県道ー美作ー岡山市内ー国道30号ー23時30分帰着
2.コース
村岡小学校横からスタート後、村岡商店街を走り、農道を廻り、6.5qで村岡小学校横に戻り上りが始まり、10.5qで水車小屋。林道を兎和野高原に向かう上りが続く、ハチ北スキー場からハチ北民宿街を下り、大野まで行き折り返し福岡に戻り66qのスタート地点を通過。もう一度上りがあり、宿で国道9号線を渡って、猿尾滝を通り、作山で折り返し、蘇武岳上り口から蘇武岳へ向かい8qで800m上る急な坂道が続き、14qで550m下り、和佐父峠まで200m上って、600m下ってレストエイドの射添会館で72.3q。租大池までは但馬大仏の長楽寺の大仏殿の中を通って、出た所で南側へ橋を渡り今までよりも南側の尾根を通って、途中で昨年までのコースと合流して、昨年までのエイドがあった。7qで400mほど上る。あけぼの山荘からは小代へ下って一二峠の上りまで下りと平地を10qで300m下る。一二峠へは4qで250m上って、そこから5q下って村岡小学校グランドでゴール。
3.レース展開
スタートは足の重さは無く、以外と軽く走れて村岡商店街・田圃道とそこそこ走れた。10qあたりからトイレを探すが、ふさがっていたりで、そのまま走る。ペースは悪く無い。20キロ手前のハチ北駐車場のトイレはウォッシュレットだった。ハチ北民宿街の激下りは、傾斜ほど足は動かない。坂本屋さんで少し遊んで、下りきって、6qの張り出しは普通に走れる。66キロスタートの福岡通過はスタート前で並んでいるランナーとハイタッチと知り合いにも会えて、テンション上がった。30qあたりで66qランナーに抜かれ始める。猿尾滝への往復では、すれ違うランナーにエールを送って、気持ちよく走れた。蘇武岳の激上りは、歩きまくりで5q57分もかかる。下りもまずまず走れたが、和佐父峠への上りは走れず歩きまくり。下りは普通に走れる。射添会館でトイレ後長楽寺への上りが全く走れず意外だったが、歩いて上る。長楽寺では、楽しみにしていたおはぎ2個いただく。租大池までの上りも歩きまくり。小代への下りは熊波エイドからガンガン走れるが途中からふくらはぎがピクピクと危険な状態。下りきって、県道を横切るところで、3度目のトイレ。一二峠入り口までの僅かの上りも走れない。一二峠の上りも全て歩き、下りになってもふくらはぎピクピクで、ペース上がらずでやっとゴール。 

163.2013第3回神戸マラソン
大会開催日 2013.11.17
兵庫県神戸市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 q 0:29:18 0:29:18 0:05:52
10 q 0:59:17 0:29:59 0:06:00
15 q 1:27:45 0:28:28 0:05:42
20 q 1:55:57 0:28:12 0:05:38
25 q 2:25:02 0:29:05 0:05:49
30 q 2:53:32 0:28:30 0:05:42
35 q 3:26:14 0:32:42 0:06:32
40 q 4:01:24 0:35:10 0:07:02
ゴール q 4:18:31 0:17:07 0:07:21
 
1.日程
16日11時30分発ー国道30号ー岡山・国道2号ー西大寺・ブルーラインー備前・国道2号ー竜野バイパスー姫路バイパスー加古川バイパスー神明道路ー第二神明・生田川ICー神戸大橋ー神戸国際展示場14時30分着
17日15時神明道路・大蔵谷ICー明石西ICー国道250号ー姫路バイパスー竜野バイパスー国道2号ー備前・ブルーラインー西大寺・国道2号ー岡山・国道30号ー19時30分帰着
2.コース
神戸市役所前をスタートし、急なカーブも何カ所か廻り、神戸高速・JR山陽本線線路横などを通って西に向かって走り、須磨水族館手前で国道2号線に出る。須磨からは海沿いの道路を西進し15qで、跨線橋でJRを越えるが、最高地点は明石海峡大橋のビューポイントになっている。アウトレットモールの前から、国道2号線へ戻り西進し明石海峡大橋手前の17,5q過ぎで折り返して、須磨浦公園から和田岬へ向かうルート。下町エリアで華やかさはないが、30qから35qへ海側を通る。35qは神戸駅前で人出が多く、応援が華やかな所。浜手バイパスから神戸大橋にかけては、このコース最大の難関の上りが続くが、等間隔でボランティアの学生が並んで応援してくれて、元気をもらえる。ポートアイランドに降りると海岸沿いに廻って橋の付け根まで戻り、市民広場駅前のゴールまで1q弱の直線を進んでゴールとなる。
3.レース展開
8時過ぎに荷物を預けてトイレも長蛇の列で行けないので、スタートエリアAブロックへ入る。左ふくらはぎ痛でいつリタイアするか解らないのでロングスパッツ 、ロングアンダーシャツに半袖Tシャツの重ね着にゴミ袋だったが、ビルで日陰になり、9時のスタートまで寒かった。スタート直後はスタートラインまで50メートルほどあったので、周りがゆっくりで助かった。最初は痛み無くゆっくり進む。1qも行かない内に、左足の裏に痛みが出るが、走れる程度。左ふくらはぎの痛みジグジグしたものがあるが走れる。練習もしてないので最初の1qが6分半、以降5分40秒程度のペースでしばらく走る。Aブロックからのスタートなのでどんどん抜かれながら進む。2qほどで淡路のvinacthさんがサンタさんで抜いて行った。また、ゴミ袋も暑くて脱いで、長袖もたくし上げる。足裏のしびれはすぐに無くなり、17,5qの折り返しあたりではふくらはぎのジグジグも忘れる感じ。31q過ぎの御崎公園でトイレタイムや応援の幼稚園生やプーさんの着ぐるみさんに会いペースダウン。浜手バイパスの上りでもよおして、神戸大橋の上でトイレタイム。もう先は見えたので、ボランティアのおねーさんに写真撮ってもらったり、ハーバーランドで写真撮ったり、もうキロ7分ペースになる。ゴール前の1q弱の直線は長く感じた。ふくらはぎはグキッの手前だったが、最後までもってくれた。御岳マラソン意外ではワースト記録だったが、今の状態では満足のいくフィニッシュでした。

164.第25回加古川マラソン
大会開催日 2013.12.23
兵庫県加古川市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:26:20 0:26:20 0:05:16
10 km 0:51:47 0:25:27 0:05:05
15 km 1:17:14 0:25:27 0:05:05
20 km 1:45:45 0:28:31 0:05:42
25 km 2:14:28 0:28:43 0:05:45
30 km 2:48:21 0:33:53 0:06:47
35 km 3:23:31 0:35:10 0:07:02
40 km 3:55:43 0:32:12 0:06:26
ゴール 4:09:39 0:13:56 0:05:50
 
1.日程
行き 5時20分出発ー国道30号線ー国道2号線ー備前ICー山陽自動車道ー姫路西ICー姫路BPー加古川BPー加古川東ICー8時到着
帰り 15時出発ー加古川BPー姫路BPー竜野BPー竜野ー国道2号ー相生ー備前ーブルーラインー国道2号BPー国道30号ー自宅18時着
2.コース
 加古川市防災センター前の加古川河川敷東岸をスタートゴール地点とする公認マラソンコースで、国道2号加古川橋、JR神戸線鉄橋、加古川バイパス新加古川橋、JR加古川線鉄橋をくぐり北上し折り返し、加古川大堰を渡り加古川西岸を南下して、東岸のスタート地点を通り過ぎてさらに南下し高砂折り返しで2度目の折り返し後、元来たコースを引き返し、加古川大堰を渡ってそのまま東岸を南下してスタート地点でゴールの加古川大堰の上り下り以外はフラットな河川敷の走りやすいコース。
3.レース展開
右アキレス腱横の痛みに不安はあるが、スタートは3時間台の先頭に並んで、抑えめのスタート、最初6分で出て、以後5分ちょいのラップで走る。風も無く、寒くも無くていいコンディションの中、5分はいい感じ。18qでトイレロス。23qあたりで、右アキレス腱横に痛みが出て、ペースは6分台半ばまで落ちる。25qの給水で魔法の秘薬○キソニンを飲む。34qの加古川大堰で南風を感じる。ラスト5qあたりから、秘薬が効いて向かい風ながら、ペースが上がりキロ6弱で走れて、最後は気持ちよくゴール出来た。

165.2014そうじゃ吉備路マラソン
大会開催日 2014.2.23
岡山県総社市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:29:46 0:29:46 0:05:57
10 km 0:56:23 0:26:37 0:05:19
15 km 1:22:56 0:26:33 0:05:19
20 km 1:49:01 0:26:05 0:05:13
25 km 2:15:58 0:26:57 0:05:23
30 km 2:44:49 0:28:51 0:05:46
35 km 3:20:45 0:35:56 0:07:11
40 km 3:52:07 0:31:22 0:06:16
ゴール 4:06:42 0:14:35 0:05:50
 
1.日程
行き 6時20分出発ーウエルポートー県道児島線ー中庄ー会場ー実家ー会場8時到着
帰り 14時出発ー実家ー会場ー中庄ー県道児島線ーウエルポートー帰着15時20分
2.コース
 今年は警察署の北側の片側2車線の道路を、ハーフと同時スタートで、東向きに走り、2キロほど進んで、突き当りの国道429号線で右折・直進後県道270号線で左折し国分寺前を過ぎて、2箇所のアップダウンを通過後、足守川の土手を北上し、総社IC付近まで行って峠を越えて国分寺近くへ戻り、自転車道で国分寺手前で右折して国分寺の裏の道を国道429号の広い通りに出て右折し、前半に通ったコースを逆走し田圃の中の道を総社IC近くまで行って左折、国道180号線の1車線をつぶして、国道429号まで戻り、最初に回ったコースを3/4周通って、総社ICで国道180号線に出て、中盤に通ったコースを走り、総社市役所に向かって西進し、左折して会場のスポーツセンターに向かって、ゴールとなる。国分寺をくるくると3回程変則に回るコース。
3.レース展開
スタートは3時間から4時間半のエリアに入り、2車線がフルで分離帯の向こう側の対向車線がハーフに別れてのスターとで、総勢7000人程のスタートで、ロス1分で、キロ6分程の右カカト付近に不安がある中、精一杯のスピード。キロ5分後半で集団の中を進み、心配していた給水もギリギリ取れて、5q以降5分前半の走りが出来る。13qの峠の頂上付近でハーフが折り返して、スペースも出来るが、ペースは変わらずで走って行くが、25q過ぎてから、走り込み不足で右膝が痛くなり、立ち止まって屈伸をしながら進み、峠の上りは歩きが入って、30q過ぎてロキソニンを飲んで痛みが和らぎ、35q以降は少しペースも戻り、抜きながら走ってゴールしたが、4時間は切れなかった。

166.鳥取マラソン2014
大会開催日 2014.3.16
鳥取県鳥取市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:26:52 0:26:52 0:05:22
10 km 0:51:31 0:24:39 0:04:56
15 km 1:17:34 0:26:03 0:05:13
20 km 1:43:06 0:25:32 0:05:06
25 km 2:12:50 0:29:44 0:05:57
30 km 2:41:42 0:28:52 0:05:46
35 km 3:15:50 0:34:08 0:06:50
40 km 3:57:00 0:41:10 0:08:14
ゴール 4:17:55 0:20:55 0:07:57
 
1.日程
行き 4時出発ー国道30号線ー岡山ー美作線ー国道53号線ー智頭ー鳥取自動車道ー鳥取西ー6時50分布勢競技場着
帰り 布勢競技場発ー鳥取西ICー鳥取道ー大原ICー美作ー国道2号線ー国道30号線ー7時帰着
2.コース
今年から新コースで、鳥取砂丘出発後、旧国道9号線へ出て、9号線を南へ迂回して、9号線をくぐり、旧9号線へ戻り、鳥取市内へ向かい、県庁を通り過ぎてさらに南下し国道27号線バイパスから、サッカー場横を通り、千代川土手を南下し、千代川の橋を渡り、国道53号線をくぐり、県道を北上して、左折して旧コースの38qの橋を渡り、北上して競技場前の道に突き当たり、左折して競技場へ向かい、コカコーラ陸上競技場でゴール。
3.レース展開
競技場からのバスの最終が7時15分で、鳥取砂丘のオアシス広場まで移動。スタートイベントにAKBが初のマラソン大会でゲストで来ていて、スタートセレモニーで狭い道路の向こう側のトラックの荷台ステージで見れた。9時スタート。ゆっくりスタートだったが、道路が狭く、旧国道9号に出るまで、流れに乗って行く。上りとスタートのロス1分を入れて7分だったが、2q目は5分。以後5分弱ペースで走り、県庁8,7q手前で、ゲストランナーに抜かれる。25qでトイレに行って少しずつペースが落ちて、29qでキロ6になると、落ちるばかりで、30q過ぎると、歩きが入り、峠の上りではかなり歩いて、最悪10分20秒ペースまで落ちて、30q以降はガタガタの走りになり、ひどいレースになった。収穫は鎮痛剤飲まなくても最後まで走れた事だった。 

167.第22回津山加茂郷フルマラソン全国大会
大会開催日 2014.4.20
岡山県津山市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:26:28 0:26:28 0:05:18
10 km 0:53:52 0:27:24 0:05:29
15 km 1:22:55 0:29:03 0:05:49
20 km 1:53:57 0:31:02 0:06:12
25 km 2:24:20 0:30:23 0:06:05
30 km 3:00:08 0:35:48 0:07:10
35 km 3:29:21 0:29:13 0:05:51
40 km 3:58:27 0:29:06 0:05:49
ゴール 4:12:10 0:13:43 0:05:52
 
1.日程
行き 6時40分出発ー国道30号ー岡山市内ー県道美作線ー津山ー国道53号ー県道ー加茂8時40分帰り 15時出発ー県道ー国道53号ー津山ー県道美作線ー国道2号線吉井川ー国道2号バイパスー岡山市内青江ー国道30号ー帰着19時
2.コース
加茂町総合グラウンドをスタート・ゴールとし、隣の阿波までの往復コースでのどかな山間部の主要道を走る。スタートから4キロ位までは川沿いの軽い下りで加茂川の橋を渡って折り返してから上りになり、加茂町の中心部を通って因美線沿いに智頭方向に向かい、15キロ地点の先で左折して阿波村の中間点の折り返しに向かうが、ここから上り勾配が強くなってくる。折り返しまでを280メートルの高低差で上り、引き返す。1キロほどで往路とは分かれて、阿波村内の別のルートを下り25キロ過ぎで、往路のコースと合流する。合流後は往路と同じコースで、加茂町内の役場の傍を通る。沿道の応援は集落に入るたびに町民の応援が暖かい。町の人口の割に沿道の声援が多く、地域を上げての応援 が嬉しい。
3.レース展開
足の故障もあり、中盤からスタートする。1qほどは思うように走れない。4qまで下りで抜きながら進が、折り返すと軽い上りが始まり、ペースの維持がきつい。折り返しまでは上りがどんどん強くなるので、ペースは落ちるばかり。折り返してから阿波の土手の桜を写したり、応援のTさんと立ち止まって話をしたりで、ペース上がらず。30qまではトイレ休憩とお好みエイドでお好み焼きを食べたり、右アキレス腱横に痛みを感じて、○キソニン飲んだりでキロ7を越えるが、その後はほぼ5分50秒ペースで走れて、最後まで走り切れた事が収穫だった。 

168.第1回香住ジオパークフルマラソン大会
大会開催日 2014.4.27
兵庫県美方郡加美町

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:27:42 0:27:42 0:05:32
10 km 0:55:34 0:27:52 0:05:34
15 km 1:24:02 0:28:28 0:05:42
20 km 1:53:05 0:29:03 0:05:49
25 km 2:22:32 0:29:27 0:05:53
30 km 2:54:56 0:32:24 0:06:29
35 km 3:25:38 0:30:42 0:06:08
40 km 3:56:44 0:31:06 0:06:13
ゴール 4:09:47 0:13:03 0:05:46
 
1.日程
行き 前日20時30分発ー国道30号線ー岡山ー国道2号バイパスー吉井川堤防ー県道ー美作ー那岐ー国道53号ー智頭ー鳥取自動車道ー道の駅川原(車中泊)
当日5時出発ー鳥取ー国道9号線ー国道178号線ー香住6時着
帰り 香住15時半ー国道178号線ー浜坂(入浴)ー国道9号線ー鳥取自動車道ー大原ICー県道ー美作ー県道美作線ー周匝ー佐伯ー美作高速ー吉井川堤防ー国道2号ー国道2号バイパスー岡山ー国道30号線ー20時半帰着
2.コース
香住西港をスタートし、集落を抜けて香住東港を抜けて柴山港へ向かう峠越えをして集落へ降りるが、集落を抜けて、峠を登って、柴山トンネルを抜けて佐津駅の集落へ降りてしばらく平地後、安木の峠の上り下り後、相谷で最初の折り返し。また、安木の峠に引き返して上り下り浜安木から佐津駅の手前で、左折して、田圃道を2,5q行って、折り返して5qを走って左折して佐津駅を過ぎて柴山トンネルの坂の上り下りを進んで浦上地区へ降りて柴山港から、上り下りで香住東港へ降りて集落を走りスタートの香住西港で32,9qとなる。通り抜けて、アップダウンの無い平地を西進して海沿いを三田浜まで進み折り返し、スタート地点まで戻り、香住西港でゴール。
3.レース展開
スタートは4時間のプラカードのそばからアップ無しでスタートして、ロス30秒でスタートライン通過。2車線の道路の海側のみを使用した大会で3人が横に並べば、追い抜きが出来ない程の狭いコースで、動きが悪い。第一エイドあたり2,5qでもう上りが始まり、集落と集落の間は峠越えの連続で平地が少ないコースでキツくて、最高気温は25度を超えて、暑い。豊作線の南進2,5qは南向きは向かい風で、給水が無く、キツかった。佐津駅エイド25qで、ロキソニン飲んで後半の復活を狙う。2qほど進んだ柴山トンネルあたりで元気が出る。スタート地点まで戻って、ほぼ33qで、すでに足はいっぱいいっぱいだが、これから先はアップダウンが無くて、大きなペースダウン無く、最後ペースアップしてゴール出来た。

第21回2014えびすだいこく100kmマラソン
大会開催日 2014.5.25
島根県島根半島

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:27:36 0:27:36 0:05:31
10 km 0:55:48 0:28:12 0:05:38
15 km 1:24:21 0:28:33 0:05:43
20 km 1:56:12 0:31:51 0:06:22
25 km 2:27:57 0:31:45 0:06:21
30 km 3:03:15 0:35:18 0:07:04
35 km 3:36:16 0:33:01 0:06:36
40 km 4:10:02 0:33:46 0:06:45
45 km 4:41:05 0:31:03 0:06:13
50 km 5:12:08 0:31:03 0:06:13
55 km 5:48:05 0:35:57 0:07:11
60 km 6:28:35 0:40:30 0:08:06
65 km 7:03:21 0:34:46 0:06:57
70 km 7:46:05 0:42:44 0:08:33
75 km 8:22:38 0:36:33 0:07:19
80 km 9:01:20 0:38:42 0:07:44
85 km 9:42:59 0:41:39 0:08:20
90 km 10:20:03 0:37:04 0:07:25
95 km 10:58:53 0:38:50 0:07:46
ゴール 11:34:55 0:36:02 0:07:12
 
1.日程
行き 24日13時水島ICー瀬戸中央道ー総社JCTー岡山自動車道ー北房JCTー新見ICー日南町ー奥出雲ー松江市 16時20分
帰り 25日 21時 松江市発ー国道9号線ー米子市ー国道181号線ー日野町ー国道180号線ー新見市ー総社市ー自宅26日0時40分帰着
2.コース
美保関神社鳥居前をスタートして境港方向に走り、福浦より日本海側に抜けて10キロ。島根半島の  海岸線沿いに漁村集落沿いに走りアップダウンを繰り返しながら65キロまで走る。30キロからのチ  ェリーロードはトンネル通行止めのため、途中で折り返し。45キロから始まる島根原発越えは前半の難所。恵雲に下ってから55キロ地点の鹿島町・鹿島文化ホール前のレストエイドで休んでから最大の難所・横手林道への急な上りを上がって林道を抜けて、魚瀬に下り、海抜0メートルより最後の上り、宍道湖側に山越えで抜ける。津ノ森からは、国道431号沿いに出雲大社を目指してフラットな道を走る。平田の市街地を抜けて西進し、出雲大社前で左折し100メートルほどで右折し神門通り交通広場でゴールとなる
3.レース展開
昨年秋から右足の故障が、この1ヶ月ほどで、ジョグが出来るまで回復。走れるのか?、走れないのか?。写真を撮ったりのセレモニー後に最前列よりスタートするが、足の痛みも無く、キロ5分半で走れる。5q過ぎからの上りも無理せずで、10qのエイドを目指す。18qでトイレへ行こうとするが、並んでいるのだが、50メートルほど先にもう1ヶ所あり、そちらで済ませる。23qの食事の出来るエイドで、今年初物のスイカにおにぎり、みそ汁をいただく。チェリーロードは折り返しになったため、知り合いの位置が確認出来る。すぐ前に、元気のいい女性がすれ違いランナーに声かけながら走っているのに、話しかけると、ランナー仲間の瀬島さんの娘さんと解り、写真を1枚。御津までにトイレ3回行くが50qまでは走れる。片句のエイドでかち割り氷りが有ったので、帽子へ入れて走るが、頭が冷たくて痛い。途中、氷りを取り出しては食べで、えともまでには無くなったが、暑い中の氷は最高だった。横手林道への上りは殆ど歩いた。上りきってもまともに走れなくなり、救護の給水で、ロキソニンを飲んで、63qのエイドで給水をして、魚瀬への下りでは、着地の足に力が入るようになった。魚瀬の上りは殆ど歩きで山を越え、下りはいい感じで走れて、71qの大野の給水では、楽しみにしていたゼリーが今年は無かった。津ノ森までの3qの田圃の中の道は、今年も走れたが、津ノ森のしじみのエイドでは、おにぎりを受け付けなくて、シジミの汁だけいただく。残り26qの平地で向かい風を受けるが風が冷やり感じられて暑さを感じなかったのは良かった。ここからはしんどくなって、5qのエイド区間のうち、2〜3回の歩きを入れながら進む。79qのエイド手前で、香美町から濱田さんが応援に来てくれていて力をもらった。平田の市内へ向かう区間が長いが、私設エイドを出していてくれて、助かった。今年は、欲しいところで水分やらそうめんの私設エイドが有って、助かりました。平田の市内を抜けると、残り10qというイメージがあり、次に見た看板が85qだったときには、ガックリきた。ゆっくり走って、キツくなったら歩いての繰り返しで、95qまで到達。最後の5qは歩き少な目で、転倒だけには気を付けて、やっとゴール出来た。右アキレス腱が痛まなくて良かった。

第17回村岡ダブルフルウルトラランニング
大会開催日 2014.9.28
兵庫県但馬村岡

,
 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:28:09 0:28:09 0:05:38
10 km 0:59:02 0:30:53 0:06:11
15 km 1:37:11 0:38:09 0:07:38
20 km 2:07:54 0:30:43 0:06:09
25 km 2:38:33 0:30:39 0:06:08
30 km 3:07:10 0:28:37 0:05:43
35 km 3:56:10 0:49:00 0:09:48
40 km 4:41:09 0:44:59 0:09:00
45 km 5:11:19 0:30:10 0:06:02
50 km 5:41:05 0:29:46 0:05:57
55 km 6:22:40 0:41:35 0:08:19
60 km 6:54:30 0:31:50 0:06:22
65 km 7:39:17 0:44:47 0:08:57
70 km 8:18:07 0:38:50 0:07:46
75 km 8:47:54 0:29:47 0:05:57
80 km 9:25:41 0:37:47 0:07:33
85 km 10:00:07 0:34:26 0:06:53
88 km 10:09:28 0:09:21 0:05:25
 
1.日程
行き 27日11時出発ー国道30号ー県道美作線ー岡山県高速道ー佐伯ー美作ー国道53号ー智頭ICー鳥取自動車道ー鳥取ICー国道9号ー香美町15時30分着
帰り 28日19時00分香美町出発ー国道9号ー鳥取ICー鳥取自動車道ー智頭ICー国道53号ー那岐ー県道ー美作ー岡山市内ー国道30号ー22時30分帰着
2.コース
村岡小学校横からスタート後、村岡商店街を走り、農道を廻り、6.5qで村岡小学校横に戻り上りが始まり、10.5qで水車小屋。林道を兎和野高原に向かう上りが続く、18.5qで100qと別れ高坂経由で66kmスタートの先で合流し、第八エイドで上りきり下って、宿で国道9号線を渡って、蘇武岳上り口から蘇武岳へ向かい8qで800m上る急な坂道を上り1040mの最高地点を通過し、14qで550mを下り、和佐父峠まで200m上って、600m下ってレストエイドの射添会館で60,3q。租大池までは但馬大仏の長楽寺の大仏殿の中を通って、出た所で南側へ橋を渡り今までよりも南側の尾根を通って、65,8qの丸味エイドを通って長楽寺から7qで400mほど上りあけぼの山荘エイドへ。ここからは小代へ下って一二峠の上りまで下りと平地を10qで300m下る。一二峠へは4qで250m上って、そこから5q下って村岡小学校グランドでゴール。
3.レース展開
5時にアップ無しで、前から5m位の位置からスタート。足はすぐに軽く動いていい感じで走れる。5qエイドでトイレに行きたかったが次の10qエイドまで走るが,トイレに行列が出来ていたので、ここもパスしたが、次の兎和野高原まで何とかもって、体育館の綺麗なトイレで用足しで、すっきりで一安心。次のエイドのピザは美味しかった。100qの部と別れての下りはペースアップして走れて、5qごとのラップがキロ6ペースだったのでいい感じだった。100qと合流後に100キロのランナーに何人か抜かれる。蘇武岳の入り口でタイガさんの応援を受ける。上りはいつもの事ながら、殆ど歩きで上った。下りは5分代前半から5分半ぐらいで走れた。後半に入って88qの部のバテタ人を何人か抜いて走れた。射添会館では、次の長楽寺でおはぎを食べたかったので、そうめんだけ食べる。長楽寺への上りがいつもよりキツく感じて全く走れなかった。長楽寺では小豆のおはぎを1個いただく。災害の関係で長楽寺からの上りは楽になっているはずだが、走りがしんどくなって、次のエイドで魔法の秘薬を飲み、あけぼの山荘エイドでは、いつものカレーとコーヒー牛乳をいただく。ここからの下りと下ってからの平地は気持ちよく走れる。途中のエイドでは、例年アイスがいただけるので、暑いときにはうれしい。次のエイドではお好み焼きが食べられるが、ほとんど食べたことが無い。一二峠に向かう三叉路のエイドは飲み物だけで通過するが、足は限界で上りが全く走れない。7分後半から10分かかる。峠からの下りでペースを上げて走っていると、太股の前が痛くなりペースダウンして、5分半程度で下りゴールする。10時間9分28秒で11位、年代別1位。年代別の表彰は無いが気持ちいい。

169.2014あいの土山マラソン
大会開催日 2014.11.2
滋賀県甲賀市

  
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:25:00 0:25:00 0:05:00
10 km 0:48:47 0:23:47 0:04:45
15 km 1:11:10 0:22:23 0:04:29
20 km 1:34:30 0:23:20 0:04:40
25 km 1:57:22 0:22:52 0:04:34
30 km 2:21:54 0:24:32 0:04:54
35 km 2:48:37 0:26:43 0:05:21
40 km 3:15:57 0:27:20 0:05:28
ゴール 3:28:03 0:12:06 0:05:18
 
1.日程
行き 1日14時40分自宅出発ー国道30号ー国道2号ーブルーラインー備前・国道2号ー姫路西ICー山陽自動車道ー姫路東ー国道372号ー篠山ー亀岡ICー京都縦貫自動車道ー京滋バイパスー久御山ICー国道24号ー国道307号ー国道1号ー土山到着20時40分
帰り 2日15時30分出発ー国道1号ー国道307号ー国道24号ー久御山ICー京滋バイパスー京都縦貫自動車道ー亀岡ICー篠山ー国道372号ー姫路バイパスー竜野バイパスー国道2号ーブルーラインー国道2号バイパスー国道30号ー22時前帰着
2.コース
ゴールの土山中からコースを300メートルほど戻ったトラバースロードからスタート。1,2qほど西進し右折。軽い上りを北進し青土ダムへの上りを上ると、ダム添いのコースはフラットで、鮎河地区を標高差20m程で、大回りで折り返して10q、往路を引き返し、16,3qでハーフと別れて西進するが19q手前に500メートルほどで50メートルの上り。以後26qの折り返しまでは大きな上りは無く進む。折り返し後は往路のコースや別ルートでハーフとの分岐地点の37,5q地点まで戻り、ここからは下り基調でトラバースロードに戻り、土山中学校横でゴール。コース全体の標高差、120メートルを上り下りするお茶畑などがある山間のコース。
3.レース展開
スタートは申告タイム別のゼッケンごとのブロックに分けられていたため、スタートロス1分ほど、スター後は思うように走れず、500mほど進んで歩道に出て走る。今回は最初から行ける所まで行く作戦。足の痛みは無く、スタート5分43秒、4分39秒と10qで折り返すまでは早くて4分40秒前後のペースで、頑張っての走り。折り返すと下り基調で4分20秒が最速で19q目の急な上りは5分27秒かかるが、その区間以外は全力で走れる。中間点はほぼ1時間40分代で、先月の吉備高原のハーフを1分ほど上回る。その後もペース維持して走るが、27qまでは4分40秒台で走れたが、その後5分台を少しずつタイムが落ちて35qで5分30秒弱。ハーフとの分岐地点までは上りで5分台後半になるが、そこからの下り基調は、5分10秒から20秒で走れて、3時間28分3秒でゴール。最後まで足が持った走りでシーズン初戦が飾れた。  

170.第35回瀬戸内海タートルフルマラソン
大会開催日 2014.11.30
香川県小豆郡土庄町

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:25:05 0:25:05 0:05:01
10 km 0:48:50 0:23:45 0:04:45
15 km 1:13:20 0:24:30 0:04:54
20 km 1:39:31 0:26:11 0:05:14
25 km 2:05:02 0:25:31 0:05:06
30 km 2:32:31 0:27:29 0:05:30
35 km 3:02:35 0:30:04 0:06:01
40 km 3:33:22 0:30:47 0:06:09
ゴール 3:46:21 0:12:59 0:06:09
 
1。日程
行き 6時自宅出発ー国道30号線ー宇野港ー6時45分発ー小豆島フェリー8時15分土庄着
帰り 15時50分土庄港ー旅客船ー16時50分宇野港ー国道30号線ー17時20分帰着
2.コース
瀬戸内海に浮かぶ小豆島の土庄港から1,5キロ程の土庄町役場がスタート・ゴールのアップダウンの連続する難コースで、折り返しまでに、港と港までを高低差30メートルまでの丘でむすぶ、折り返しまでに7ヶ所のこぶのある、ジェットコースターのようなコースで、変化に富んだ中級レベルのコースで、景色もすばらしい海岸沿いのコースです
3.レース展開
スタートは前から10メートルほどからスタート出来て、良いペースで走れて1q4分37秒。最初のこのコース最大の峠の上り坂含めた3qが4分53秒と前半から飛ばす作戦で意識してのペースアップ。5qで最初のトイレロス2.5分ほど。初めのうちは追い抜いての走りが続くが15q過ぎてからペースが落ちる。25qぐらいまではキロ5で走れるが、穏やかな快晴の天気で汗をぬぐいながら走る。35qまでに2度目のトイレロス2.5分で5分半ペースの走りだったが、体力限界になり6分前後のラップでの走りでゴールする。ペース配分失敗のレース。 

171.第26回加古川マラソン
大会開催日 2014.12.23
兵庫県加古川市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:24:39 0:24:39 0:04:56
10 km 0:47:13 0:22:34 0:04:31
15 km 1:09:49 0:22:36 0:04:31
20 km 1:35:04 0:25:15 0:05:03
25 km 1:59:00 0:23:56 0:04:47
30 km 2:23:49 0:24:49 0:04:58
35 km 2:52:11 0:28:22 0:05:40
40 km 3:22:05 0:29:54 0:05:59
ゴール 3:35:27 0:13:22 0:05:26
 
1.日程
行き
7時出発ー国道30号線ー国道2号バイパスーブルーラインー備前ICー山陽自動車道ー加古川北ICー北駐車場9時ー会場着9時15分」着
帰り
16時会場発ー加古川バイパスー姫路バイパスー竜野バイパスー国道2号線ー備前ーブルーラインー国道2号ー岡山ー国道30号線ー帰着18時
2.コース
 加古川市防災センター前の加古川河川敷東岸をスタートゴール地点とする公認マラソンコースで、国道2号加古川橋、JR神戸線鉄橋、加古川バイパス新加古川橋、JR加古川線鉄橋をくぐり北上し折り返し、加古川大堰を渡り加古川西岸を南下して、東岸のスタート地点を通り過ぎてさらに南下し高砂折り返しで2度目の折り返し後、元来たコースを引き返し、加古川大堰を渡ってそのまま東岸を南下してスタート地点でゴールの加古川大堰の上り下り以外はフラットな河川敷の走りやすいコース。
3.レース展開
会場到着がギリギリとなり、アップする時間も無く、準備して列に並んだのが10分前で、スタートが後方で、スタートの音が聞こえずで、スタートロスが1分ほど。スタート後は人混みで走れず、キロ6分半程。以後ほぼ全力で走って、4分半のペースが18qまで続く、19q目でトイレロス2分だが、20qを過ぎると限界になり、4分45秒ペースまで落ちる。29qでキロ5分を超えて、ペースは落ちるばかりで、堰の橋を渡ってキロ6ペースまで落ちて、そのペースで最後まで行き、41qで木部さんに追いつき、ペースが上がり、並んでゴールした。気温は10度ほどで、風も弱く、最高のコンディションだったが、全力走が維持出来ず、シーズンベスト出来なくて残念だった。 

172.2015そうじゃ吉備路マラソン
大会開催日 2015.2.22
岡山県総社市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:23:41 0:23:41 0:04:44
10 km 0:46:15 0:22:34 0:04:31
15 km 1:11:26 0:25:11 0:05:02
20 km 1:34:41 0:23:15 0:04:39
25 km 1:59:03 0:24:22 0:04:52
30 km 2:24:36 0:25:33 0:05:07
35 km 2:53:15 0:28:39 0:05:44
40 km 3:21:01 0:27:46 0:05:33
ゴール 3:33:27 0:12:26 0:05:17
 
1.日程
行き 6時50分自宅出発ー県道ー早島ー倉敷ー実家7時30分着 自転車ー総社スポーツセンター 8時到着
帰り 13時総社スポーツセンター発ー14時15分実家 15時出発ー倉敷ー早島ー自宅15時50分着
2.コース
 昨年と同じコースで、警察署の北側の片側2車線の道路を、ハーフと同時スタートで、東向きに走り、2キロほど進んで、突き当りの国道429号線で右折・直進後県道270号線で左折し国分寺前を過ぎて、2箇所のアップダウンを通過後、足守川の土手を北上し、総社IC付近まで行って峠を越えて国分寺近くへ戻り、自転車道で国分寺手前で右折して国分寺の裏の道を国道429号の広い通りに出て右折し、前半に通ったコースを逆走し田圃の中の道を総社IC近くまで行って左折、国道180号線の1車線をつぶして、国道429号まで戻り、最初に回ったコースを3/4周通って、総社ICで国道180号線に出て、中盤に通ったコースを走り、総社市役所に向かって西進し、左折して会場のスポーツセンターに向かって、ゴールとなる。国分寺をくるくると3回程変則に回るコース。
3.レース展開
スタートは3時間〜4時間半のエリアの前から10b程からスタートするが、動きが悪く、2q程は追い抜きながらの走り。スタート後はとにかくスピードを上げて頑張って走る。足守川に出るまで3つの緩やかなアップダウンを上り下りするが、上りはきつい。総社ICから国分寺に向かう峠を上りきったあたりの15q付近でトイレロス2分。国分寺自転車道で国分寺手前で裏に行き429号線から裏道へ入って20キロあたりまでは、4分代で走れたが、頑張って走れたのはここまでで、4分代後半の走りから28qでは5分代に突入、後半は5分代後半の走りが続き、4分代になることは無かった。40q以降は5分20秒代で最後少し頑張る。

173.第35回篠山ABCマラソン
大会開催日 2015.3.1
兵庫県篠山市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:24:17 0:24:17 0:04:51
10 km 0:47:51 0:23:34 0:04:43
15 km 1:12:20 0:24:29 0:04:54
20 km 1:39:31 0:27:11 0:05:26
25 km 2:08:10 0:28:39 0:05:44
30 km 2:34:52 0:26:42 0:05:20
35 km 3:02:07 0:27:15 0:05:27
40 km 3:29:25 0:27:18 0:05:28
ゴール 3:42:44 0:13:19 0:05:40
 
1.日程
行き 6時15分自宅出発ー国道30号ー国道2号バイパスー岡山ブルーラインー国道2号ー竜野バイパス-姫路バイパスー姫路東ー県道ー国道372号ー篠山市篠山総合庁舎駐車場ー会場10時10分着
帰り 15時40分会場出発ー国道372号ー高砂ー加古川バイパスー姫路バイパスー竜野バイパスー国道2号ー岡山ー国道30号ー20時20分帰宅
2.コース
篠山市役所横をスタート後北上し、突き当たりを左折後西進し、左折後南下して更に左折しスタートの南側まで行って、右折後監物橋を渡って直進し、右折して西進し、舞鶴若狭自動車道手前を北上して自動車道の東のエリアを北上し東進してスタート地点の北まで帰って18キロ過ぎ、さらに東進して最高地点の標高差35メートルの峠を越えて25キロの手前で折り返し道へ出て左折して5.5キロほど東進して30.6キロ地点で折り返し、ゴール地点まで道なりに西進して篠山城前でゴールする前半フラット、後半多少のアップダウンはあるが走りやすいコース。
3.レース展開
スタートはAブロック。ブロック入り口閉鎖3分前に滑り込みセーフだった。弱い雨の中、ゴミ袋を被ってスタートまで20分待つ。登録の部がスタートして前に詰めると、スタート横断幕まで20bほどでかなり前で、スタートロス30数秒でスタート。北に向いては、人混みで思うように走れないが、抜きながら走る。1q位から自分のペースで走れる。会場到着がギリギリで冷たい雨でアップもしていないので、最初から飛ばすペースでは走れず、流した走りで4分40秒から45秒ペースで10qほど進むと雨が強くなってきて、手先が冷たくてかじかんでくる。16q過ぎでトイレに立ち寄るが冷たくで寒く、雨音がトイレの屋根で音を立てている。トイレ後スタート会場北側の先で20q。走っていても寒く、ゴミ袋では雨対策が不十分だった。25q手前でしし汁エイドが有り、寒いので1杯いただくが、あまりぬくもらない。25q過ぎて折り返してくるランナーとすれ違う道路に出て走っていると、先頭ランナーとすれ違うが、ランシャツランパンで走っていた。途中リタイアしたランナーはアルミのシートを巻いていたが、寒そうだった。軒先にしゃがみ込んで、震えて雨宿りしている人もいた。ペースは20qから5分代に落ちていた。30,6qの折り返しが遠く思えた。折り返しても残り12q。寒さばかり感じるレースになった。40qあたりでは5分30秒程度まで落ちたが、それ以上落ちることは無く、そのままゴール出来た。ゴール後もらった水のペットボトルが、冷蔵庫で冷やしたのかと思えるほど冷たかった。着替えに向かうが、寒いの何の。着替えを市役所の裏の、軒先に自転車の横に置いたので、屋外で、暖房は無く、震えながら着替えて、しし汁を食べて、自転車で車まで帰って、エンジンかけて走り出して、やっと、体がぬくもった。 

174.2015鳥取マラソン
大会開催日 2015.3.15
鳥取県鳥取市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:24:03 0:24:03 0:04:49
10 km 0:47:27 0:23:24 0:04:41
15 km 1:11:43 0:24:16 0:04:51
20 km 1:35:28 0:23:45 0:04:45
25 km 2:02:10 0:26:42 0:05:20
30 km 2:27:53 0:25:43 0:05:09
35 km 2:54:14 0:26:21 0:05:16
40 km 3:21:57 0:27:43 0:05:33
ゴール 3:34:09 0:12:12 0:05:11
0:05:05
 
1.日程
行き 4時15分自宅出発ー国道30号線ー岡山市内ー県道美作線ー美作ー那岐ー国道53号線ー智頭ー鳥取自動車道ー鳥取西ーコカコーラウエスト競技場6時50分到着
帰り 14時半現地出発ー鳥取西ー鳥取自動車道ー大原ー県道ー美作ー美作道ー佐伯ー岡山自動車道ー熊山ー国道2号線ーバイパスー岡山市内ー浦安ー千両街道ー自宅18時20分帰着
2.コース
昨年から鳥取砂丘出発、旧国道9号線へ出て、9号線を南へ迂回して、9号線をくぐり、旧9号線へ戻り、鳥取市内を南進、県庁前に入り、県庁を通り過ぎてさらに南下し吉方交差点で10キロ、左折して県道を国府町へ向かい16キロで右折して橋を渡り、さらに右折して西進し20q手前で左折して南進して中間点、折り返して国道29号線で北上して左折し、サッカー場横を通り、千代川土手を南下し、千代川の橋を渡り、国道53号線をくぐり、県道を北上して、左折して峠を越えて、旧コースの38qの橋を渡り、北上して競技場前の道に突き当たり、左折して競技場へ向かい、コカコーラ陸上競技場でゴール。
3.レース展開
スタートはCブロックで、スタートロス31秒でスタートするが、すぐに上りで抑えめで走り、上りきってからペースアップする。1qは5分49秒、2qは下りで4分32秒、5qまでは4分半前後で無理の無い程度で飛ばし、10qまでは4分40秒前後。郊外を走る13qからの4qは5分弱とペースが落ちる。25qでトイレロス2分ほど、それまでは4分40秒前後で27q以降では、キロ5分を超えて追い風では5分10秒代、向かい風や峠越えでは6分前ペースでの走りで、ラストも5分10秒前後で大きな落ち込みは無かったが、タイムがイマイチなのは、前半の走りが遅いからとしか、考えられない。 

175.第23回津山加茂郷フルマラソン
大会開催日 2015.4.19
岡山県津山市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:25:38 0:25:38 0:05:08
10 km 0:51:55 0:26:17 0:05:15
15 km 1:19:14 0:27:19 0:05:28
20 km 1:48:01 0:28:47 0:05:45
25 km 2:13:51 0:25:50 0:05:10
30 km 2:38:57 0:25:06 0:05:01
35 km 3:04:52 0:25:55 0:05:11
40 km 3:33:19 0:28:27 0:05:41
ゴール 3:45:35 0:12:16 0:05:54
 
1.日程
行き 6時45分自宅発 国道30号線ー県道ー周匝ー津山ー加茂8時45分着
帰り 15時45分加茂発ー津山ー周匝ー国道2号(吉井川西岸)ー2号線バイパスー国道30号18時帰宅 
2.コース
加茂町総合グラウンドをスタート・ゴールとし、隣の阿波までの往復コースでのどかな山間部の主要道を走る。スタートから4キロ位までは川沿いの軽い下りで加茂川の橋を渡って折り返してから上りになり、加茂町の中心部を通って因美線沿いに智頭方向に向かい、15キロ地点の先で左折して阿波村の中間点の折り返しに向かうが、ここから上り勾配が強くなってくる。折り返しまでを280メートルの高低差で上り、引き返す。1キロほどで往路とは分かれて、阿波村内の別のルートを下り25キロ過ぎで、往路のコースと合流する。合流後は往路と同じコースで、加茂町内の役場の傍を通る。沿道の応援は集落に入るたびに町民の応援が暖かい。町の人口の割に沿道の声援が多く、地域を上げての応援 が嬉しい。
3.レース展開
スタートはあまり前に行けず、中盤からゆっくりスタートで6分22秒。2キロ、3キロは4分半ペース、4q手前で折り返してからの軽い上りは5分弱。以後5分前半から5分半ばで阿波へ入る3差路から阿波へ。上りにかかると5分後半になり折り返しは1時間54分27秒。上りで全然ペースが上がらなかった。折り返すとペースが上がって4分50秒ペースで2キロ程走れる。同クラスを追いかけるがなかなか抜けない。その後5分前後で走れるが、33q過ぎると5分20秒から30秒ペースまで落ちて、川の下流の折り返しを含む残り4qは6分前後まで落ちて、ラスト2キロはやっと走れる程度でやっとゴールする。

176,第2回香住ジオパークフルマラソン
大会開催日 2015.4.26
兵庫県美方郡加美町

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:23:56 0:23:56 0:04:47
10 km 0:50:38 0:26:42 0:05:20
15 km 1:19:35 0:28:57 0:05:47
20 km 1:46:46 0:27:11 0:05:26
25 km 2:15:24 0:28:38 0:05:44
30 km 2:48:49 0:33:25 0:06:41
35 km 3:23:22 0:34:33 0:06:55
40 km 3:53:05 0:29:43 0:05:57
ゴール 4:03:13 0:10:08 0:05:06
 
1.日程
行き 4時15分出発ー国道30号ー県道美作線ー那岐ー国道53号線ー智頭ICー鳥取自動車道ー鳥取ICー国道9号線ー岩美ー国道178号線ー香住7時15分着
帰り 15時30分出発ー国道178号線ー浜坂(入浴)ー国道9号線ー鳥取自動車道ー智頭ICー国道53号線ー美作ー県道美作線ー周匝ー佐伯ー美作高速ー吉井川堤防ー国道2号ー国道2号バイパスー岡山ー国道30号線ー20時帰着
2.コース
香住西港をスタートし、集落を抜けて香住東港を抜けて柴山港へ向かう峠越えをして集落へ降りるが、集落を抜けて、峠を登って、柴山トンネルを抜けて佐津駅の集落へ降りてしばらく平地後、安木の峠の上り下り後、相谷で最初の折り返し。また、安木の峠に引き返して上り下り浜安木から佐津駅の手前で、左折して、田圃道を2,5q行って、折り返して5qを走って左折して佐津駅を過ぎて柴山トンネルの坂の上り下りを進んで浦上地区へ降りて柴山港から、上り下りで香住東港へ降りて集落を走りスタートの香住西港で32,9qとなる。通り抜けて、アップダウンの無い平地を西進して海沿いを三田浜まで進み折り返し、スタート地点まで戻り、香住西港でゴール。
3.レース展開
スタートは殆どロス無く走れて、最初の1キロ4分半で走るが、最初の上りにさしかかり、すごいキツい。5qは24分でやっと呼吸が整う。アップダウンの連続で次の5qは26分42秒。11qでトイレに行き、ペースダウン。25qぐらいできつくなり、歩きが入り、走りがしんどい。30qで●キソニンを使って、40qで29分代で走れて、最後までそのまま、走れるが、4時間3分22秒で4時間切れなかった。 

第22回2015えびすだいこくkmマラソン
大会開催日 2015.5.31
島根県島根半島

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:27:46 0:27:46 0:05:33
10 km 0:57:21 0:29:35 0:05:55
15 km 1:30:42 0:33:21 0:06:40
20 km 1:59:46 0:29:04 0:05:49
25 km 2:34:50 0:35:04 0:07:01
30 km 3:06:34 0:31:44 0:06:21
35 km 3:41:32 0:34:58 0:07:00
40 km 4:13:48 0:32:16 0:06:27
45 km 4:47:47 0:33:59 0:06:48
50 km 5:19:21 0:31:34 0:06:19
55 km 5:51:20 0:31:59 0:06:24
60 km 6:27:08 0:35:48 0:07:10
65 km 7:06:35 0:39:27 0:07:53
70 km 7:39:49 0:33:14 0:06:39
75 km 8:22:31 0:42:42 0:08:32
80 km 8:57:19 0:34:48 0:06:58
85 km 9:34:11 0:36:52 0:07:22
90 km 10:21:08 0:46:57 0:09:23
95 km 11:01:14 0:40:06 0:08:01
ゴール 11:07:23 0:06:09 0:07:41
 
1.日程
30日 13時出発ーあけぼの町ー2号線バイパスー早島ICー山陽自動車道ー岡山自動車道ー中国自動車道ー米子自動車道ー山陰自動車道ー松江16時10分着
31日 19時松江市役所駐車場ー山陰自動車道ー米子自動車道ー中国自動車道ー岡山自動車道ー山陽自動車道ー岡山ICーあけぼの町ー自宅22時30分帰着
2.コース
美保関神社鳥居前をスタートして境港方向に走り、福浦より日本海側に抜けて10キロ。島根半島の  海岸線沿いに漁村集落沿いに走りアップダウンを繰り返しながら65キロまで走る。30キロからのチ  ェリーロードはトンネル通行止め解除になり、以前のコースに戻った。45キロから始まる島根原発越えは前半の難所。恵雲に下ってから55キロ地点の鹿島町・鹿島文化ホール前のレストエイドで休んでから最大の難所・横手林道への急な上りを上がって林道を抜けて、魚瀬に下り、海抜0メートルより最後の上り、宍道湖側に山越えで抜ける。津ノ森からは、国道431号沿いに出雲大社を目指してフラットな道を走る。平田の市街地を抜けて西進し、出雲大社前で左折し100メートルほどで右折し神門通り交通広場でゴールとなる
3.レース展開
朝のトイレに行かずにスタートになって、案の定山越えの手前ぐらいから、苦しんで10qエイドのトイレへ、目前に2名ほど行ったので、待ちを覚悟するが、入り口の身障者トイレが開いていてすんなり入れてラッキー。トイレから出ると数名がトイレ待ちで並んでいて、いいタイミングで用足しが出来た。ペースは5分半から6分程度で進めるが、前半は重く感じる。35q過ぎの体育館で2度目のトイレタイム。その後、集落を抜けて島根原発の南側の山登りや周回は6分半から7分ペース。天気は明け方は薄曇りだが、日射しが差し込んで、風はひんやりだったが、暑さを感じる。島根原発を越すと、50qのエイド。リレーの選手が集団で路をふさいで、マナーが悪い。走り始めは少し動きが悪かったが、中盤は足も動いてあまりしんどさを感じないで走れる。例年、長く感じる55qの鹿島文化ホールへの直線も淡々と走れた。例年苦しむ横手林道への急坂も気温が涼しいせいか、傾斜が緩やかに思える。林道に上りきるといい感じに走れて、それまで前後して走っていたT原奥様をとらえ、K部さんを交わして、今日は楽勝かと思いきや、津ノ森エイドでK部さんと2人そろってテレビの取材を受けて、先にスタートして、暑くなってきた、宍道湖湖畔の路を西進して行く内に85qのエイドが遠く感じて喉カラカラ。90qのエイドがまた現れず、喉カラカラのエネルギー切れで、給水、給食しても全く走れず。ここで11時間切りにはキロ7で良かったのでK部さんは先に行くと先行するが、これから2キロほど歩いて、道路横断をガードマンが車を早めに止めたので、仕方なしに走ると、よちよち走れて、その後はゆっくりながら、ラン9分で行けて、11時間は切れなかったが、8分10秒オーバーで神様ゼッケンのプライドは保てたと思う。後で思うに気温は低く、日射しも快晴ほど強くないコンディション。もっと走れなければと思う。

第21回四万十川ウルトラマラソン
大会開催日 2015.10.18
高知県四万十市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:29:56 0:29:56 0:05:59
10 km 0:59:23 0:29:27 0:05:53
15 km 1:31:47 0:32:24 0:06:29
20 km 2:08:06 0:36:19 0:07:16
25 km 2:39:18 0:31:12 0:06:14
30 km 3:10:31 0:31:13 0:06:15
35 km 3:39:01 0:28:30 0:05:42
40 km 4:09:42 0:30:41 0:06:08
45 km 4:42:31 0:32:49 0:06:34
50 km 5:15:19 0:32:48 0:06:34
55 km 5:49:46 0:34:27 0:06:53
60 km 6:23:30 0:33:44 0:06:45
65 km 6:59:24 0:35:54 0:07:11
70 km 7:34:01 0:34:37 0:06:55
75 km 8:09:30 0:35:29 0:07:06
80 km 8:45:30 0:36:00 0:07:12
85 km 9:19:08 0:33:38 0:06:44
90 km 9:56:23 0:37:15 0:07:27
95 km 10:41:40 0:45:17 0:09:03
ゴール 11:16:48 0:35:08 0:07:02
 
1.日程 
行き 8時出発ー国道30号ー県道荘内ー児島ICー瀬戸中央自動車道ー与島PA(合流)ー高松道ー坂出JCTー高松自動車道ー川之江JCTー高知自動車道ー中土佐ICー牟礼大正市場ー中土佐ICー四万十町ICー四万十市3時到着 ー宿毛市19時到着
帰り 11時四万十市ーくろしお鉄道中村線ー窪川ー土讃線ー高知駅ー丸亀駅ー坂出駅ー路線バスー与島ー瀬戸中央道ー児島ICー県道荘内ー国道30号ー19時帰着
2.コース
蕨岡中学校をスタートし道幅が広がったり狭まったりの県道を北上し、10キロ手前から登りが始まり、 21キロで高低差600mの頂上へ到着する。頂上の前後5キロほどは傾斜が強いがそれ以外ではなだらかな傾斜で上り下る。アップダウンの道は狭くてくねくねとした道で32キロ地点の堀切で四万十川に合流する。ここからしばらく雄大な四万十川を眺めながら進み、昭和大橋で四万十川を渡り、小野大橋で戻ると40キロ、54キロ付近で勝間の沈下橋を往復し高低差100m程度の峠を越えて、橋を渡らずそのまま東岸をカヌー館へ向かい木陰があり、助かった。62キロでカヌー館レストエイド。四万十川沿いにさらに南下し岩間の沈下橋を渡ると70ロ、芽生大橋で東岸に戻り、川沿いのくねくねした細くなったり広くなったりする風情のある道をさらに進むと四万十川には遊覧船が浮かんでいるのが見える。ゴール手前の何キロかは、川沿いの山すその狭いくねくね道を進むとラスト1キロ手前に急な上りが現れるが、登りきると直角に曲がる路地裏の道を通り、ゴール会場の中村高校グラウンドでゴール
3.レース展開
スタートは、前から20Mほどからで、最初は思うように走れなかったが、走りはいい感じで、登りの傾斜が緩やかな10キロまでは5分台後半で走れる。傾斜が強くなる20キロ過ぎまではペースが落ちる。20キロ過ぎてからの下りは、オーバーペースにならないように、ゆっくり走るが、暑さ対策でノースリーブで走っていると、下りの日陰は寒くて、動きが悪かったように思う。四万十川沿いの平地に出て応援が増えてペースがあがる。カヌー館レストエイドに近づくとスタミナが切れてきたのと、暑くなって、ペースが落ちてくる。カヌー館で○キソニンを1錠飲んでスタート。年代別の3位までを狙っていたので、カヌー館までに、同クラスを3人抜いて、カヌー館でも1人いたので、おにぎり1つ食べて急いで出るが、すぐにキロ6ぐらいのペースで抜かれて、ついていけず、2位か3位かなと思って、後ろを気にしながら走るが、暑くて、エイドのたびに頭に水をかけてもらい、キロ7前後で走るが、同クラスに追い抜かれることも無く走っていると、90キロ手前でガードレール足を伸ばそうとしたときに、足が攣って、何とか伸ばせて、安心したところに、反対の足が攣って、よちよちも走れなくなって、歩きながら90キロエイド到着で、梅干しのが小さかったので2個口に入れて、2キロほど歩いたところで、よちよち走れだして、以後、2,5キロごとに梅干し食べながら、ゴールを目指すが、ゴール手前の坂の半分ほどから歩いて登り、下りになって、走りを復活させて、ゴールの中村高校手前のカーブを曲がったことは覚えているが、次の瞬間は救急車の中で治療うけて、足はベッドに横になっていても、攣るし、吐き気がして何度も戻すし、ウエアーの前が血で真っ赤になっているし、転けて頭を打ってこぶは出来ている。出血場所はテープを貼って、出血は止まっていて、救急車は動いて、すぐに病院へ到着。病院でもベッドで移動時に気持ちが悪くなり、戻すし、足は攣るしで、頭部CT撮影、心電図、血液検査をして、点滴を受けて、ベッドで横になって、そのまま入院。暗くなって、四万十川ウルトラの大会終了の花火の音が何発も聞こえて、大会終了を理解する。結局、朝まで点滴を受けながらの入院で、翌日の9時に医師の診察を受けて、退院させてもらい、大会関係者の方に、駅まで送っていただいて、JRで帰路についた。

177.第1回岡山マラソン
大会開催日 2015.11.8
岡山県岡山市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:24:34 0:24:34 0:04:55
10 km 0:49:17 0:24:43 0:04:57
15 km 1:14:41 0:25:24 0:05:05
20 km 1:39:47 0:25:06 0:05:01
25 km 2:05:57 0:26:10 0:05:14
30 km 2:33:13 0:27:16 0:05:27
35 km 3:02:55 0:29:42 0:05:56
40 km 3:31:31 0:28:36 0:05:43
ゴール 3:43:57 0:12:26 0:05:09
 
1.日程
行き 6時半出発ー国道30号ー妹尾駅ーJR瀬戸大橋線ー岡山駅ー徒歩ー桃太郎アリーナ7時10分 
帰り 14時半出発ー岡山駅ー瀬戸大橋線ー茶屋町ー宇野線ー迫川駅ー徒歩16時半帰着
2.コース
運動公園横の国道53号線スタートし南進。180号線との交差点で左折、JRの跨線橋を越えて就実高校過ぎて右折し、シンフォニー交差点を右折して岡山駅に向かい、駅前を左折し市役所横を通過、、内環状線交差点を左折し南下。国道30号線に突き当たったら右折して、17キロ過ぎの西紅陽台の折り返しを目指し笹ヶ瀬川を渡ったら、郊外の田園地帯に向かう。折り返して21キロで国道30号から分かれて右折して直進、千両街道に突き当たったら、左折して市内方向へ向かい、笹ヶ瀬を渡って、浦安総合公園で右折して直進、コースなりに緩やかに左に曲がって、中央卸市場過ぎて、太鼓橋の岡南大橋でコース最高高度20メートル。橋を渡って折り返して旭川の土手沿いを岡山市内へ向かい、後楽園過ぎて左折、新鶴見橋を渡って、スタート後に通った、JRの跨線橋を渡り、右折して陸上競技場を半周してゴール。フラットな走りやすいコース。
3。レース展開
スタートはAブロックで、30秒のロスでスタートライン通過、すぐに自分のペースで走れて足も軽い。ペースはキロ5を少し切る程度。スタートしてからの市内は応援がたくさんいて、気持ちよく走れる。郊外に出てすぐに、左足の付け根には軽い痛みが出る。この大会は地元で開催され、折り返し点は自宅のすぐ近く。いつもより力が入って、数年前にスピードがまだ有った頃に使っていた底の薄い靴を履いていたのだが、その時は気がつかず、やや、ペースダウンして走る。いつも通勤で、自転車で走る道も、車を止めての車道ランが、とても新鮮だ。15キロ手前で児島半島100キロでお世話になる、メンバーの応援を受ける。郊外に出ても沿道の応援は続く。いよいよ自宅そばの折り返し。人垣が何重にも出来ていて、応援の家族を見つけられずで、通り過ぎる。後で思えば、ここで靴を、底の厚いものと、履き替えるべきだった。折り返して、倉敷川を渡ったところにあるいつも行くガソリンスタンドがエイドになっていて、ブッセがあったそうだが、気がつかなかった。中間点を過ぎると国道から離れて千両街道へ向かう農道になるが、ここにも応援が何人もいた。千両街道を市内方向へ向かい25キロ。ここには会社の人の応援があった。あと17キロだが、まだ、15キロあるし、そろそろ、重くなってくる頃。右折して、外環状線になる道路を東へ向かい、右折して最大の難所。岡南大橋で30キロ。登りかけると、左アキレス腱下部に痛みが出て、キック出来ないので、ペースダウンして橋を渡る。折り返して岡南大橋の下で小豆島ラーメンのエイドが待っていたが、あと10キロになって、ラーメン食べて走れなくなったらで、残念ながらパスしました。土手に出てからあと10キロ。痛み止めを1錠入れて、気持ちの切り替わりで元気が出ました。2号線バイパスの橋の下で、後輩でかつてのラン友を見かけましたが、頭が真っ白になっていて、驚きました。後楽園の側では、幼なじみがビデオをセットしていて、後ほど、切り出していいカットの画像頂きました。最後は元気が出て、5分10秒で走れて、グラウンドで気持ちよくゴール出来ました。ゴール後は流れに乗って進んで着替えて、知り合いのゴールを待つが、会えずでステージの演奏を聴いて、少し早めに帰りました。

178.第5回神戸マラソン
開催日 2015.11.15
兵庫県神戸市

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:31:14 0:31:14 0:06:15
10 km 1:01:40 0:30:26 0:06:05
15 km 1:31:11 0:29:31 0:05:54
20 km 2:01:24 0:30:13 0:06:03
25 km 2:32:42 0:31:18 0:06:16
30 km 3:07:28 0:34:46 0:06:57
35 km 3:40:41 0:33:13 0:06:39
40 km 4:12:16 0:31:35 0:06:19
ゴール 4:25:02 0:12:46 0:05:49
 
1.日程
行き 14日11時出発ー国道30号線ー国道2号線ー竜野バイパスー姫路バイパスー加古川バイパスー第二神明道路ー六甲トンネルー三宮ーポートアイランド(受付)15時ー16時ー明石18時
帰り 15日 7時20分明石ー新快速ー三宮ー神戸マラソンー 15時明石出発ー18時帰着
2.コース
神戸市役所前をスタートし、急なカーブも何カ所か廻り、神戸高速・JR山陽本線線路横などを通って西に向かって走り、須磨水族館手前で国道2号線に出る。須磨からは海沿いの道路を西進し15qで、跨線橋でJRを越えるが、最高地点は明石海峡大橋のビューポイントになっている。アウトレットモールの前から、国道2号線へ戻り西進し明石海峡大橋手前の17,5q過ぎで折り返して、須磨浦公園から和田岬へ向かうルート。下町エリアで華やかさはないが、30qから35qへ海側を通る。35qは神戸駅前で人出が多く、応援が華やかな所。浜手バイパスから神戸大橋にかけては、このコース最大の難関の上りが続くが、等間隔でボランティアの学生が並んで応援してくれて、元気をもらえる。ポートアイランドに降りると海岸沿いに廻って橋の付け根まで戻り、市民広場駅前のゴールまで1q弱の直線を進んでゴールとなる
3.レース展開
先週の岡山マラソンで痛めた左アキレス腱周辺の痛みは、ほとんど感じなくなったが、1週間ノーランで、テーピングをしての神戸となる。スタートはBブロックからで、スタートゲート通過を2分半かかった。走りは様子を見ながらで、6分を少し切るペースでしか走れない。雨の予定が、天気が回復して中盤は暑さを感じる。15キロあたりで先頭ランナーの黒人がすごい勢いですれ違った。前回が2年前だったので、アウトレットあたりが明石海峡大橋の下だと思ったら、国道2号線に戻りそこから1キロほど進んでやっと、明石海峡大橋の下で折り返しだった。ここまで痛み止めを飲まずにこれたが、25キロ過ぎて 、お腹がすいたのと、スタミナが切れてきたので、痛み止めを1錠いただいて、同じチームのそのこさんの応援と、おにぎりを一つ頂いて走る。35キロ過ぎてのポートアイランドへの登りでは、周りがほとんど歩いていたので、スイスイ抜けて、ポートアイランドの中はいい感じで走れた。橋を登ってから、ペースアップして走れた。

179.第36回瀬戸内海タートルフルマラソン
開催日 2015.11.29
香川県小豆島土庄町

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:32:53 0:32:53 0:06:35
10 km 1:06:04 0:33:11 0:06:38
15 km 1:37:54 0:31:50 0:06:22
20 km 2:12:41 0:34:47 0:06:57
25 km 2:42:39 0:29:58 0:06:00
30 km 3:13:37 0:30:58 0:06:12
35 km 3:45:31 0:31:54 0:06:23
40 km 4:16:36 0:31:05 0:06:13
ゴール 4:29:21 0:12:45 0:06:03
 
1.日程
行き 6時10分出発ー国道30号線ー宇野港ー6時45分発フェリーー土庄8時15分ーバス8時半着
帰り 14時40分出発ーバスー土庄港15時50分発ー16時50分宇野港着ー国道30号ー17時15分帰着
2.コース
瀬戸内海に浮かぶ小豆島の土庄港から1,5キロ程の土庄町役場がスタート・ゴールのアップダウンの連続する難コースで、折り返しまでに、港と港までを高低差30メートルまでの丘でむすぶ、折り返しまでに7ヶ所のこぶのある、ジェットコースターのようなコースで、変化に富んだ中級レベルのコースで、景色もすばらしい海岸沿いのコースです。
3.レース展開
スタート前から右アキレス腱下部通が有り、キネシオテープを貼り、マラソン会場のショップでテープに針のついているテープをいただき、痛いところに張ってスタートするが、キロ6分40秒ペースしか出ない。16キロでトイレ休憩をし、その後6分10秒ペースに上がって、それ以降は最後までペース落ちないが、33キロでもう1度トイレに行くが、ペースはそのまま。上りは6分30秒、下りは5分後半で走れる。後半はほとんど抜かれないで走れた。右アキレス腱の痛みは後半も弱くなったが、最後まで続いた。 

180.第27回加古川マラソン
開催日 2015.12.23
兵庫県加古川

 
距離 経過時間 区間時間 平均時間
5 km 0:35:42 0:35:42 0:07:08
10 km 1:06:31 0:30:49 0:06:10
15 km 1:38:15 0:31:44 0:06:21
20 km 2:10:03 0:31:48 0:06:22
25 km 2:47:57 0:37:54 0:07:35
30 km 3:23:25 0:35:28 0:07:06
35 km 3:57:00 0:33:35 0:06:43
40 km 4:30:25 0:33:25 0:06:41
ゴール 4:44:37 0:14:12 0:06:44
 
1,日程
行き 6時50分出発ー国道30号線ー青江ー国道2号ーブルーラインー国道2号ー竜野バイパスー姫路西ICー山陽自動車道ー加古川北ICー県道ー河川敷駐車場9時15分着ー自転車ー会場9時30分着
帰り 16時ー加古川某所ー17時国道250号発ー加古川バイパスー姫路バイパスー竜野バイパスー国道2号線ーブルーラインー国道2号線ー国道30号線ー20時帰着
2.コース 
加古川市防災センター前の加古川河川敷東岸をスタートゴール地点とする公認マラソンコースで、国道2号加古川橋、JR神戸線鉄橋、加古川バイパス新加古川橋、JR加古川線鉄橋をくぐり北上し折り返し、加古川大堰を渡り加古川西岸を南下して、東岸のスタート地点を通り過ぎてさらに南下し高砂折り返しで2度目の折り返し後、元来たコースを引き返し、加古川大堰を渡ってそのまま東岸を南下してスタート地点でゴールの加古川大堰の上り下り以外はフラットな河川敷の走りやすいコース。
3.レース展開
会場到着がスタート15分前だったが、幸いにもゼッケン先送りだったので、準備して列に並んだのがスタート数分前。左アキレス腱下部の痛みと右膝が痛く、どこまで走れるかわからなかったが、スタートロス2分半で後方からスタート。6分から6分半のペースでの走りで20キロまで行く。20キロ過ぎにトイレに行き、25キロで痛みが出て、ペースも落ちたので、鎮痛剤を飲んで、雨がポロポロ降り出した中、その後のペースは6分40秒ペースで最後まで走る。


トップへ戻る 戻る